経営とは、会社(組織)にかかわるすべての人々の永遠の幸せを実現する為の活動のことである

これまで、経営者や経営学者をはじめとする企業関係者の大半は、けいえいについて

「そのライバル(組織)の業績を高めるための活動」
「企業(組織)を成長発展させる活動」
「ライバル企業(組織)を打ち負かすための活動」と理解してきた。


だが実はそのような理解・認識こそ、多くの人々を不幸にしてきた原因である。

経営の使命・目的は、関係者の幸せをどれだけ実現できたか、実現に近づけたかということである。

業績や成長はその使命の【結果現象】に過ぎない

つまり、関係者の幸せ度、満足度が高ければ、業績度も成長度もおのずと高まるということだ。

【結果現状】である業績や成長を指向すると、売上の増大とコストの低減が不可欠なため、売上ノルマを課したり、コスト削減のため
現場に過度の負担をかけるなど、総じて不幸な人をつくってしまう。

営利組織であれ非営利組織であれ、大企業であれ中小企業であれ、経営活動はすべて、関係者の幸せの実現を軸に行うべきである。

坂本光司

IMG_9365