「社員が求める経営者像・管理者像は明確である」


一般社員が求める、一緒に仕事がしたくなる経営者像や管理者像は明確で、昔も今も決して変わっていない。私の現場研究によれば、その像は次の31のことに該当する人である。

1、仕事が滅法できる人

2、明確な支持、アドバイスをしてくれる人

3、決断力のある人

4、任せてくれる人
5、聞く耳を持っている人
6、オープンな人

7、公平に見られる人

8、誠実で倫理観のある人

9、努力家、勉強家

10、チャンスを与えてくれる人

11、陰ひなたのない人

12、現場、末端を大切にしてくれる人

13、細かいことを言わない人

14、育ててくれる人

15、ネアカな人

16、責任を取ってくれる人

17、リスクをとることを奨励してくれる人

18、個性や人格を尊重してくれる人

19、無茶を言わない人

20、信頼してくれる人

21、情熱をもっている人

22、公私混同をしない人

23、自ら率先してくれる人

24、フレキシブルな人

25、ロマンチスト

26、叱ってくれる人

27、外部に自慢できる人

28、情報、問題、目標、成果を共有してくれる人

29、ノミニュケーションをしてくれる人

30、誰よりも仕事をする人

31、自ら引き際を知っている人


もしもこれに半数以上該当しないのであれば、その経営者は、潔くポストを明け渡すべきである。



坂本光司


経営者の手帳 働く・生きるモノサシを変える100の言葉 (手帳ブック)