【最高の営業は、「営業をしないこと」である】


お客様のところに足しげく通ったり、売り込みの電話やメールを繰り返したり、営業マンにノルマを課したり、成果主義型の賃金制度を導入したりーそうしたことが営業の王道だという考えの人がいる。


しかし、こうした営業方法は、労多くして成果が出せないばかりか、営業マンを苦しめるだけである。超優良企業の営業は、これらと全く異なり、積極的な営業をしない。そればかりか、営業マンが一人もいない企業も多い。

いったいどのような営業活動をしているのだろうか?

一言で言えば、「営業しなくて良い営業」をしているのである。

では、営業しなくても良い営業とはどういう営業か?

それは、お客様に尊敬され、信頼される、社会価値の高い経営を日頃から行うことであり、お客様が会いたくなる誠実なやさしい社員を確保、育成することである。

お客様が交通費を払ってまで、わざわざ企業に来てくれるような経営を実現するのだ。


その為にも、企業の担い手である社員を光り輝かせ、お客様が支援してくれるような社員を育てることが大切である。

坂本光司



Image_aba9e4b