読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

2016年09月

 平成28年9月29日(木曜日)

 

 

おはようございます!!

 

日々のサロンワークありがとうございます!!

 

 

≪目標がその日その日を支配するby松坂大輔≫

 

 

「あなたは成功したいですか?」と聞くと、ほとんどの人が「はい」と答えると言います。

 

しかし「そのために具体的な目標やプランはありますか?」と聞くと「はい」と答えるのは5%であると言われます。

 

95%の人が目標設定をしないそうです。

 

人が目標設定をしない3つの理由があると言います

 

1、気づきの機会の不足…目標設定の重要性に気づいていない

2、情報の不足…良い目標設定の方法がわからない

3、消極思考・・・失敗に対する恐れがある

 

この3つの理由を克服できた人が目標を明確に設定し、成功のスタートラインに立てると言われます。

 

≪難易度を調整せよ。易しすぎれば、退屈する。難しすぎれば、無力感にとらわれる。自分が全力で挑戦して、やっとクリアできるような目標を立てよby茂木健一郎≫

 

 

 

明確で、チャレンジングな目標を持つこと、」さらに目標の内容が具体的であるということが、成果を上げるポイントであると言われます。

 

また目標は個人であれば自分の人生ビジョンや目的に、会社であれば企業理念や企業ビジョンにつながる一貫性のあるものでなければ重要であると言います。

 

自分の人生の健全な価値観を明確にし、健全な人間観、健全な仕事観を持つこと、またそれを学ぶこと。

 

その価値観から自分自身のゆるぎないビジョンや目的に通じる明確でチャレンジングな目標を持つことが、大切ですね。

 

ぜひ目標を明確に設定してしい合わせな人生を手に入れましょう!!

 

成功の順番は、 「人生理念」「人生ビジョン」「目標設定」「計画」「日々の実践、習慣」であるそうです。

 

ぜひワクワクするような人生の目的、目標を明確にし、毎日を手抜きなく100%本気で生きて、良い人生を送りましょう!!

 

 

≪「運が強い人」を、どのようにして見極めるのだろうかと、考え続けてきた。

 最近、答のヒントを見付けることができた。それは、プロ野球パリーグ・日本ハムのコーチの一言だった。ある経営者が、「あなたは、試合には、運の強い選手を使うとのことですが、どのような人が運が強いのですか?」と質問した。

 答は、「どんな打球を打っても、一塁まで全力疾走する人」。ぼてぼてのピッチャーゴロを打った瞬間、多くの打者は、天を仰いで悔しがり、一塁に向かう途中で歩き始める。どんな時でも全力疾走していると、野手が緊張する。ボールをお手玉したら、セーフにしてしまう。それがプレッシャーになって、時にはヒットになることもあるそうだ。

 商売も同じだ。どんな小さな注文、どんな些細な仕事にも全力で取り組んでいると、運が向いてくるのだ。By上甲晃≫

 

 

 

 

==============

 

 肯定的に解釈する

 

==============

 

生きていれば、いろんな出来事があります。

 

それらの出来事を受け容れるか、

目を背けるかで、人生が変わります。

 

起きた出来事を肯定的に受け容れる力と

それを正しく解釈する力が大切です。

 

 

平成28年9月28日(水曜日)

 

おはようございます!

 

毎日のサロンワークありがとうございます!!

 

9月も残りわずか!全力で頑張りましょう!!

 

≪相手がお気に入りの事柄をほめちぎれば、たちまち相手は好感を持ってくれる。ただし他人を引き合いに出してほめるのは、避けた方がよい。byニュートン≫

 

 

最近の人財育成には、「ほめて育てる」という手法が主流といわれます。

 

「褒める」とは、コーチングでは「アグナレッジメント」と呼ばれ重要な役割を果たすと言います。

 

しかし「ほめる」と「アグナレッジメント」では多少の意味の違いがあり、

 

「ほめる」とは・・・よくやった、素晴らしいですね、お見事ですね、などの伝える人の主観が入った商人の仕方であり相手の受け取り方によってはピント外れになり、効果が出ないこともあります。

 

「アグナレッジメント」とは・・・「計画通り進んでいますね」「目標に到達しましたね」などの築いた状況や作り出した成果を事実として伝えることで、自分の努力を再確認できたり、気づいていない事実に気づく子tも期待できます。

 

 

≪上司は意思決定の頻度と重みが増すだけで部下より偉いわけではないです。だから、常に部下のいい面に着目して、そこに尊敬と感謝の念を持つ。いい仕事をしたら、「よくやったな」ではなく、「すごい、俺には到底できないよ」と同志的な目線での声がけがいい。by土岐大介≫

 

 

効果的な「アグナレッジメント」を行うには、普段から相手に興味を持ち、相手が取り組んでいること、進捗具合を理解することが必要と言われます。

 

大切なことは相手の成長を願い、温かく見守ること、特に相手が気付かない成果や結果を見つけたときはタイムリーに伝えることと言われ、

 

その言葉で相手はさらに成長を実感し、より一層の成長に向かった、意欲を高めることができます!

 

ぜひより良い人間関係を自分からつくるために、周りの先輩、後輩、仲間に興味を持ち、その人の成長した点を見つけましょう!

 

そして「ほめる」と「アグナレッジメント」を使いあって良い人間関係をつくり、よい社風をつくりましょう

 

それが、真の意味で「神戸一仲の良いサロン」につながると思います。

 

==============

 

 自分自身をほめよう!

 

==============

 

人からほめられる機会が少なくても

自分自身をほめる機会はたくさんあります。

 

・目覚まし時計なしで、起きられた!

・元気よく「はい!」と返事ができた!

・落ちていたゴミを拾って捨てた!

 

ちょっと勇気を出して行動するたびに

自分で自分をほめてあげましょう。

 

やがて自信がつき、幸せを引き寄せます。

 

 平成28年9月27日(火曜日)

 

昨日は職業訓練校最終日!半年間1年生を営業中に出していただきありがとうございます!!

 

今後は本格的にOJTが重要になりますので、厳しくも温かく指導をお願いいたします。

 

 

【『人のふり見て我がふり直せ』

人の悪い所を見て、「非難する、バカにする」or「自分もそうならないように気をつける、反面教師にする」

人の善い所を見て、「嫉妬する、ケチをつける」or「見習う、尊敬する」

 

人の行いを参考にして、自分を改善できればいいのでしょう。

自己の成長を強く願う人には、すべての人は「師」と考えられるのかもしれません。

「人が(悪いことを)しているから」と自分が悪いことをする、「人が(意地悪を)したから」と自分が仕返しをする、というのは自己の改悪でしょう。

 人を尊重しつつも、「自分は自分」という部分が大事なのではないでしょうか。】

 

 

 

 

その後、久しぶりに美容室偵察に行きました。

 

人気の美容室Bさんです。

 

[良かったこと]

 

・セット面に行く前に、読む本を選ぶコーナーがあり、好みの本を選ぶことができた。(あくまでオシャレな若めの客層を狙うイメージの雑誌が多かったけど)

 

・スタッフ間で「ありがとうございます」などの声の掛け合いが心地よかった

 

・料金が思いのほか安かった。(カットカラーTR7000円弱)

 

・内装、音楽などコンセプトが統一されており、整っている感じを受けた。トイレもキレくて5Sができているようであった。

 

・スタイリストが新権威に合うスタイルを創ろうという意思が見えた。デザイン力にこだわるサロンであると感じた。

 

・ドリンクメニューがおいしそうであった。

 

[悪かったこと]

 

・自己紹介などがなく、帰り際に名刺をもらうのみであった。

 

・スタイリストが半ズボンだった。(笑)

 

・カラーがたぶんウエラでしみた・・・「痛くないですか?」とは聞かれなかった。

 

・帰りに首を触ると短い毛がたくさんついていた。

 

・カウンセリングが短く、次回提案などの詳しいアフターカウンセリングもなかった。

 

[結論]

 

お客様はそこそこ来てくれていたが、カウンセリングも技術も中の下で、お店のブランドイメージに頼っている感じを受けた。

 

スタイリストや、アシスタントの個人の実力をお店のブランドで補えるために、逆に足らないことに気づきにくいのではと思う。

 

お店のブランディングはもちろん大切であるが、個人がそれを勘違いすると真の実力を身につける大切さに気付かない恐れがある。

 

独立して失敗するような例はこの自分の実力を過信した結果であり、謙虚さのなさであるとも言える。

 

「謙虚に自分の成果は、お店や周りのメンバーの援助があり、全員のおかげである」という感謝の念を持つことで、環境に関係なく自分を見直せ真の実力をつけることができると感じる。

 

人の振り見て我が振り直せ!

 

デザインにこだわりのある素晴らしいサロンであるが、もっと改善できる余地はまだまだあると感じました。

 

一緒に美容室のレベルをあげて、美容業界の発展に寄与していきたいと感じるお店です。

 

 

==============

 

 言い訳をやめよう

 

==============

 

できなかった理由を

自分の外だけに求めだすと、

それ以上の成長は望めません。

 

言い訳をすることで、

自分の心は守られるかもしれませんが、

自分が本当に求めているものからは

遠ざかっているのかもしれません。

 

まずは、言い訳をしている自分に

気づくことから始めましょう。

 

 平成28年9月26日(月曜日)

 

 

おはようございます!

 

昨日は、仲良し改ありがとうございました!!

 

本日は、美容師Y氏の美容師におけるプロ論をご紹介します!

 

 

・お客のニーズはいつまでも美しく  若く、そして元気に いつの時代も人は美しさを求めています。

それは自分の姿・形、つまり容姿の美しさです。超高齢化社会が訪れ、人はよりいっそう若さを求めています。年齢に関係なく、同じ世代の中でも若くいることはとっても魅力的です。

  人はまた、元気さを求めています。容姿の美しさ、若さは、人の気持ちを元気にします。それは健康にもつながる大切な要素です。美容師はヘアを通して人を元気にします。

 

 

・プロの基本

親に感謝し、人にきちんと挨拶をする・・・これが基本中の基本

プロには「人間としての成長」が大切です。

そして、デザインや技術の引き出しをいっぱい持つこと。

そのなかからプロの決め技が生まれます

 

 

・「あいさつ」の意味と効果を知ろう

あいさつは人と接する上で最初に行うこと。

           その日の自分を知り、自分をコントロルする。

           スタッフやお客との信頼関係を築く。

という大きな2つの目的と役割があります。

  は自分の声や笑顔の感じで、その日のコンディションを知ることが出来ます。僕は調子があまり良くない日など、意識的に元気を出し、誰よりもさわやかで気持ちのよいあいさつを心がけ、自分をコントロルします。そうすることで、日々新たな自分をつくり、クリエイションすることができる相手がいる幸せを感じています。あいさつは物事のスタト。どう始めるかで、その人の気合い、姿勢がわかります。

は、人間関係づくりのスタトでもあります。スタッフやお客との信頼関係を築く第歩という、大切な役割を持っています。

 

ぜひ感謝力、挨拶力、人間力を磨くことで、本当のプロを目指しましょう!!!

 

 

 

==============

 

 目を閉じて

 

==============

 

目を閉じると目の前のものが見えなくなります。

 

目の前のものが見えなくなると

今まで見えなかったものが見えてきます。

 

過去のことを思い出すこともあるでしょう。

あのとき、こうすれば良かった。

あの人にこう言ってあげられたら良かった。

 

目を閉じて自分の行動を振り返ってみましょう。


 平成28年9月25日(日曜日)

 

おはようございます!!

 

日々のサロンワークお疲れ様です!

 

 

「君達は、何のために生きるのか」と。この一年間、私は教え続けてきた。「人は、みんなの役に立つためにこの世に生まれてきたのである」と。

 人は、使命感を失うと、損得の判断基準しか残らない。使命感があるからこそ、いかなる困難も、「当然のことです」と言い切れる。それこそが、生きていく上での最大の誇りではないか。生活のために働くのであれば、牧場の牛だって、立派に働いている。私達が、牧場の牛と異なるとすれば、そこに、『志』、使命感があるかどうかである。by上甲晃

 

 

先日より50代の女性のお客様から続けてご意見のメールをいただきました。

 

どちらも、お客様の心をくみ取ることができていないこと、あるいは相手の気持ちになり切れず共感ができていない結果であると感じました。

 

 

[本物のプロを目指して]

人の幸せに貢献し、街や文化を魅力的にする、美容。

お客は、大きな期待を持って来店してくれます。

それに応えて、期待以上の仕事をするには、

「本物のプロ」になる必要があります。 By美容師Y

 

 

人生経験を重ねている大人の女性のお客様は、今までにたくさんの良いサービスや気遣い、心遣いを経験されているので、とても敏感です。

 

お客さんの不快な気持ちは、美容師自身の矢印が本当の意味で相手に向いていないことが原因であります。

 

「お腹がすいた」「人手が少ない」「早く終わりたい」「売り上げが足りない」などの自分に矢印を向けている人は、真のサービスを提供できません。

 

自分自身に、矢印が向いているうちは、自分都合のことで頭がいっぱいになり、サービスが作業になりがちです。

 

相手の人が、幸せになるためには?喜んでいただけるには?を絶えず考え続けることがサービスの基本であり、そう考えると「相手は今何を感じているか?」「何をしてほしいのか?」に敏感になります。

 

自分自身もせめて仕事中は本当に相手のことだけを考えて仕事ができているか?と内省しました。

 

 

・美容は人を幸せにする

  今お客は美容師のつくるへアスタイルに、美しさ、若さ、元気さを求めています。僕たちの仕事は、ヘアを通してそれを提供することです。そのことは、人を心地良くさせ、いやしたり、励ましたり、自信や勇気、生きる力を与える。だから、美容は人を幸せにします。美容師は、人の幸せに大きく貢献する職業です。by美容師Y

 

美容の仕事は、「美を通してお客様を幸せにすること」、「美を通してお客さんの人生を輝かせること」「美を通して幸せな世の中をつくるということ」が目的です。

 

その為には、自分が満足すること以前に、相手に矢印を向けて幸せを与えること。

 

この基本を忘れずに、仕事を愉しみたいですね!

 

 

美容は魅力的文化につながる小さな仕事

  美容は小さな仕事です。瞬間的にはへアをつくるための作業ですが、でも、仕上がったスタイルは、人、街、文化に大きくつながっています。人が魅力的になると街も魅力的になり、魅力的な文化が生まれます。ヘアによって魅力的文化をつくる美容は、仕事は小さいけれど結構大きな影響力を持っています。美容師Y

 

 

 

==============

 

 口癖を変えてみる

 

==============

 

どのような言葉を脳に投げかけるかで

出てくる答えが変わります。

 

「できない」「できない」と言っていては

できない理由しか出てきません。

 

「どうやったらできるかな?」を

口癖にすると、出来る方法が湧いてきます。



 平成28年9月24日(土曜日)

 

 

おはようございます!!

 

昨日はサロンワーク&アシスタントMTありがとうございます!!

 

加地先輩の新しい魅力を発見!、素晴らしかったです!!!

 

年齢の近い先輩としての、自分の体験談などを語っていただき自分も素晴らしい学びの時間となりました。

 

 

【人間、出来ない理由を言うから、出来なくなる。

お金がない、人脈がない、経験がない。

無いこと言い出せば、きりがない。

世の中、できない理由を言うやつは、いつまでも出来ない。

しかし、夢を叶えるやつは「こそ」と言う。

だからこそ、今できることをやる。By中村文昭】

 

 

実業家であり、講演家の中村文昭氏は、「なんのために?」を大切にしています。

 

何のために?仕事をするのか?人生を生きるのか?生まれてきたのか?

 

その仕事観や人生観がしっかり確立している人は、部下や子供や周りの人に素晴らしい影響を与える生き方ができると言います。

 

 

【とにかく「男は25歳までに肚をつくれ」と。

肚というのは、本気でやるということ。

「自分は何のために生きていくのか」という人生の着地点のような、そういう揺るがないものをつくれということです。by中村文昭】

 

その「何のために?」を、追及すればするほどお金や名誉などの他人との比較ではなく、自分らしい生き方の追求になり、世の中の役に立つことに行き着くそうです。

 

【人は死んでお金なんて物を残しても、ろくな事にはならない。

残すのは、生き様という名のストーリーだよ。BY中村文昭】

 

 

中村氏は、もしも?「何のために」が見つからないときは、目の前の人を本気で喜ばすことが、良い人生をつくる秘訣であると言われます。

 

 

【やる気がある人は多いんですよ。でも本気じゃないんです。

やる気が本気に変わって、やらなくちゃいられないくらい体の中で煮えてこなくちゃいけない。

やる気を本気に変えるには、自分をそうせざるを得ない状況に追い込むことですね。by中村文昭】

 

難しいことを考えることよりも、今ある状況で主体的に本気で取り組めるか?言い訳して生きるのか?でその人の価値が変わります。

 

今日も、自分の愛する人に良い影響を与える自分育成のためにも、目の前のことに100%全力投球しましょう!!

 

 

 

 

==============

 

 まず、やってみる

 

==============

 

できそうにない仕事、

やったことがない仕事を前にすると

ついつい尻込みしてしまうことがあります。

 

でも、できるかどうか、

向いているかどうかは

やってみないとわかりません。

 

自分で限界をつくらず、まずはやってみよう。








 平成28年9月23日(金曜日)

 

 

おはようございます!!!

 

昨日はBNI朝会からの大阪でSPC哲学勉強会への業に行ってまいりました。

 

サロンワーク&PDCA報告感謝です。

 

 

 

けがを怖れる人は大工にはなれない。失敗をこわがる人は科学者にはなれない。科学もやはり頭の悪い命知らずの死骸の山の上に築かれた殿堂であり、血の川のほとりに咲いた花園であるby寺田寅彦

 

 

哲学勉強会というと難しそうですが、SPCを創り上げた横山氏は、【無限力】と称して、人間の恥や人の目を気にせずに、自分を表現することを大切にします。

 

頭で考えすぎずに、感性で表現することを【スピリチュアル(炎)ダイナミック】と呼び、リーダーは誰よりも元気が1番であると説きます。

 

その為には、自分自身が【挑戦】することが、自分の魂を揺さぶる仕掛けであると言います。

 

 

書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だbyガリレオ・ガリレイ

 

 

さらに【人間心理学から哲理、哲学の世界へいざなう】と言い、受け入れやすい心理学よりも、宗教じみて受け入れにくい哲理哲学を(3;7で)学ぶことが大切であると言われます。

 

心理学は、カミソリのように心地よくそることができるもの、逆に哲理哲学は、ナタのような鈍刃で抵抗があるが【道を開いていくもの】であると言われます。

 

自分には、受け入れにくい苦手なことを積極的に学ぶことで、その人の可能性や能力が開けていくということのようです。

 

哲理、哲学を突き詰めることで、類まれなリーダーとしてのパワーが備わり、大きな志を成し遂げると言われ、その状態を【心地良いエクスタシー】【覚せい状態】となると言われます。

 

自分はまだまだ常人レベルですが、SPCJAPANの大組織を創り上げた横山氏に学び続けて新のリーダーの在り方を追求していこうと考えています。

 

まずできることは、とにかく何事にも、本気で信じ込み、全力で向かう人生への態度が重要であるようです。

 

今日も目の前のことに全力を尽くし自身の人生へのリーダーシップを強化していきましょう!!

 

 

何かができる環境にある人よりも、やる気がある人のほうが、事を成就するbyアルキメデス

 

 

 

==============

 

 本気のバロメーター

 

==============

 

「○○してくれない」

「何で自分だけ…」

 

ついつい愚痴や不満がでてしまうことも

あるでしょう。

 

愚痴や不満はバロメーター。

どれだけ自分が本気で取り組んでいるかが

わかります。



 平成28年9月22日(木曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日は人手不足の店舗にサポートしたり、全社的なコラボレーションができていたようでありがとうございます!

 

 

最高の授業には最高の教師と最高の生徒が必要だ.by作者不明

 

 

職場の人財育成をするうえで大切なことが何点かあります。

 

    会社、組織の風土

    制度の仕組み

    継続と活動

    上司の指導技術とツール(OJT)

    部下の学習意欲

    教育機関の活用(OFFJT)

 

 

上司として意識すべきは

1、人財育成が思い付きでなく、計画的、継続的に取り組まれているのか?

2、人財育成がすべてに先駆けて、優先的に行われているのか?

3、それぞれの個性やレベルに合わせた指導ができているのか?

4、忙しい合間を縫ってでも指導しようという意欲が高いのか?

 

ということであると言われます。

 

 

そして部下が意識すべきことは

1、向上心を持っているのか?

2、明確な目標をもって、組織の中でその目標を育てようとしているのか?

3、自己実現欲求を持ち、賃金よりも職場を通して学ぼうという価値観を強く持っているのか?

4、メンバーがお互い切磋琢磨して、お互いを良い意味のライバルとして学び合っているのか?

 

であるそうです。

 

上司部下に対する愛情【愛の実力】と、部下の自分の力で学び成長しようとする【意志の力】が合わさったときに、組織内の素晴らしい教育が完成すると言われます!

 

ぜひ「愛」と「意志」が響き合う社風をつくり、偉大な人物を美容業界に排出する組織をつくりたいですね。

 

 

人は教えることによって、もっともよく学ぶ.byセネカ

 

教えるとは 希望を語ること 学ぶとは 誠実を胸に刻むことbyアラゴン

 

20歳だろうが80歳だろうが、とにかく学ぶことをやめてしまったものは老人である。 学び続ける者は、みな若い。人生において一番大切なこと は、頭を若く保つことだ。Byヘンリー・フォード

 

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。By

アルベルト・アインシュタイン

 

 

==============

 

 準備をする

 

==============

 

秋は様々な花が咲き、果実が実る季節。

同時に、厳しい冬にそなえるための

準備の期間でもあります。

 

自然界も準備をしています。

 

あなたはどんな準備をしていますか?

 

 

篠原☆感謝☆和隆
有限会社スマイル
650-0022
神戸市中央区元町通6-7-6茶本ビル2

平成28年9月21日(水曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日は遅くまで材料班会議ありがとうございます

 

昨日の昼間はBNIの役員セミナーで学んできました!!

 

 

 私は、社員の出番の多い会社が、良い会社だと思っています。昨今、企業は、仕事以外のものはすべて無駄だと切り捨ててきました。そのために、仕事以外の社員の出番がなくなりました。

 例えばカラオケ大会。歌を歌わせたら、みんなの喝采を浴びる社員がいるはずです。運動会をすれば、みんなが感嘆するほど速く走る人がいます。社内旅行をすれば、名幹事として重宝される人がいます。社員にとって、゛出番の多い会社゛は、救われるのです。人間が仕事をする場としての職場を取り戻さなければなりません。by上甲晃

 

 

BNIのメンバーは定期的にセミナー(トレーニング)を受講する義務があります。

 

それはBNIの強い信念に基づいた理念やビジョン、目的そしてコアバリュー(基本的な価値観)が徹底されているからです。

 

BNIのビジョンは「世界のビジネスのやり方を変える」こと

 

コアバリュー(基本的な価値観)は

≪①GiversGain(与えるものは与えられる)②信頼関係を通じたビジネスの機会③生涯学び続ける④Traditions(伝統)+Inovation(革新)=Success(成功)⑤前向きな態度⑥責任ある行動⑦お互いを承認する≫

です。

 

ビジョンや理念や価値観を明確にして、それをメンバー全員が共有していることに拡大し続けるBNIという組織の強さがあります。

 

目先の損得、優劣ではなく、いかに健全な組織をつくれるかがメンバー全員の長い目で見た時の幸せにつながります。

 

BNIはルールを守らないメンバーは、除名できるルールがあります。

 

その時はメンバーを失うことで、損失はあるが長い目で見るとチームのプラスになると考えるからです。

 

BNIという世界的なグローバルな組織を見ると、組織の在り方を考えさせられます。

 

BNIにおける強い組織の定義とは

 

    仲が良い

 

    明確な理念、ビジョン、ミッションがある

 

    厳しいと思えるほどのルールがある

 

    ルールを違反したときの罰則がある

 

 

厳しさの中に【愛情】や【ぬくもり】がある組織をつくることの重要性を改めて考えさせられました。

 

チームの目的は、目先の成果を出すこと?も大事ですが、もっと大切なことが、メンバーの人間的な成長かと考えます!!

 

だから摩擦を恐れず、お互いを尊重し合い、そして研鑽し合え、成長できる仲間になることがせっかくの【ご縁】を生かすことになるかと思います。

 

相手のことを思い、おかしいことは「おかしい」、間違っていることは「間違っている」と正直に言える組織やチームを創りたいですね!

 

全員の幸せな未来のために厳しいルールの中での「仲良いチーム」を創りましょう!!

 

 

≪原点はルールを守ることにあります。できないからといって、勝手な判断でルールを無視されたら困る。あるいは昨日までやっていたという理由だけで、今日も同じルール違反を続けられても困るのです。皆がルールを守るからこそ、社会が変化し、客先のニーズが変わったときに、陳腐化したルールを変えようということになるのです。by武井俊文≫

 

==============

 

 時間を大切に

 

==============

 

人の命は有限です。

 

どんな人にも死は訪れるのです。

一日過ごせば、一日寿命は短くなっています。

 

時間は命を刻んでいるのです。

限りある時間を大切にしよう!


 

 平成28年9月20日(火曜日)

 

おはようございます!!

 

9月も残り10日!前年比、目標比をしっかり意識して、数字とも戦いましょう!!

 

今日はPDCAチェック日ですのでよろしくお願いします!

 

 

人材は「人財」。素「材」を教育して一人前にすることで「財」産となる。会社が費用を負担して、何人かの社員を大学院で学ばせ、工学などの博士号を取得させている。by萩本博幸

 

・人材・・・実績はないけど成長が期待できる人。

•人罪・・・実績もないし、成長も期待できない人。

•人在・・・実績はあるけど、それ以上の成長が見込めない人。

•人財・・・実績もあり、成長が期待できる人。

 

とのこと

 

企業が育成するべき人財とは??

 

    厳しい経営環境にチャレンジする人財

    自己研鑽に励む人財

(仕事以外で学ぶ)

    トップの期待に応える人財

(無理をさせ、無理をするなと、無理を言う)

    改善、改革に積極的に取り組む人財

    部下指導に情熱的な人財

(自分よりスキルの高い部下を育てる)

 

 

【◆平凡な教師は言って聞かせる。 よい教師は説明する。 優秀な教師はやってみせる。 しかし最高の教師 は子どもの心に火をつける。byウィリアム・ウォード】

 

 

 

    顧客の厳しい要望に応える人財

(現場力を高めるお断りをしない)

    クレームから逃げない人財

    失敗から学ぶ人財

(包摂の原理=すべてのことから学ぶ人間力)

    お客様から「ありがとう」をたくさんもらえる人財

    PDCAサイクルを回せる人財

(新入社員のうちから回す)

 

 

ぜひ自身も周りのスタッフも人財になるべく、毎日を真剣勝負で過ごしましょう!!

 

 

 

==============

 

 冒険をする

 

==============

 

成功者は冒険をしています。

「できないかもしれないから、やめる」のではなく、

「できないかもしれないけど、やる」のです。

 

冒険とは「可能性への挑戦」です。



↑このページのトップヘ