読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

2016年09月

 

 平成28年9月18日(日曜日)

 

おはようございます!!!

 

3連休の最後の1日!頑張ってお客様の笑顔をつくりましょう!!

 

淡路島ロングライド行ってきます!!!

 

 

自分が変われば相手も変わる

心が変われば態度も変わる

態度が変われば行動も変わる

行動が変われば習慣も変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる.

byヒンズー教の一説

 

北海道で地域ナンバーワンの受注率を誇る建築会社「ホーム創建」は、お客さんと建物以上の関係を目指し①地域融合主義②高品質主義③顧客満足主義を目指します!!

 

一般的に騒音などでご近所に嫌われがちな、地域に溶け込み地域に好かれる現場づくりのために、職人への態度教育を強化します。

 

地域に好かれる社員さんとは、仕事での態度や片付けのしつけはもちろん、日常生活で食事に行ってもお皿をそろえて帰る、ごみを拾う、明るい挨拶をするなどの、人間としての当たり前の思いやりが大事であると言われます。

 

建築物も売ったら終わりの会社が多い中、売ってからが関係の始まりと考え、永続的にお付き合いの出来る関係を目指します。

 

そのせいもあり紹介客の数は高いと言います。

 

商売よりも、人としてお客様と向き合うことでWINWINの関係を築いています。

 

仕事だけの関係では真の信頼関係は創れず生涯顧客は創れません。

 

ぜひとも日常から思いやりのあふれる、尊敬される人間を目指しましょう!!

 

「態度教育で重要なのは、  短く元気な『はいっ』という返事、そして、人よりも速く元気に挨拶をすることです」by原田隆史

 

 

==============

 

 あきらめた時が終わり

 

==============

 

「失敗」が終わりではありません。

あきらめた時が終わりです。

 

あきらめない限り、やり続ける限り、

終わりではありません。

 

夢は逃げません。

逃げるのは自分です。




 平成28年9月17日(土曜日)

 

おはようございます!!

 

シルバーウィークのサロンワーク!気合で乗り切りましょう!!!

 

You can lead a horse to water,  but you can't make him drink.

「馬を水際まで連れて行くことは出来るが、 水を飲ませることは出来ない」

 

 

人財育成には3つの形態があり、

 

【1、   OJT(On The Job Training)】

上司が主として勤務時間内に仕事に関して部下を指導し、育成 すること。=職場で行う教育訓練=教育すべての根幹=教育の90%を占める・・・職場内に教育できる仕組みをつくる

 

【2、OFFJT(Off The Job Training)】

組織構成員を本来担当すべきこととされている仕事から離して、 勤務時間内に仕事として能力開発に専念させる。=自社ではできない教育を現場を離れて行う教育(他流試合)=教育の10%を占めるが時代とともに増えつつある

 

【2、   自己啓発(SD[SelfDevelopment])】

人生の充実を図るために、継続的・計画的に、自分の意思 で行う活動

1、       自分の知識を深める勉強

2、       自分自身の潜在能力を引き出すための訓練

 

3つの中で最も重要なのは、【自己啓発(SD)】といわれます。

 

なぜなら行動を最終的に変えるのは、組織でも上司でもなく【自分】だから自分を変えよう、成長させようというモチベーションこそ、あらゆる能力開発の基本となるものである。

 

スマイルの目指す、「学び続ける組織」をつくるのは、「学び続ける人財」です。

 

ぜひ自分の成長を何よりの喜びにして、仕事から、人生から、すべての人から学び続けましょう!!

 

 

 

松下幸之助「仕事に役立つ」話

「自分の非」「相手の非」をハッキリ言う

一つの方法に「こだわらない」

「昨日より一個」できることを増やす

「もうダメだ」と思ったら「一歩だけ進む」

「答えは一つ」と決めつけない

はじめての「成功体験」を忘れない

見方をかえれば「弱みも強みになる」

「熱意」を証明できるのは「行動」だけ

「世のため,人のため」に頭を使う

「会社人」でなく「仕事人」になる

「今の自分」「将来の自分」を信じる

「知ること」にもっと貧欲になる

「働くのは幸せのため」と考える

 

==============

 

 大事を急げ!

 

==============

 

人生は過ぎ去ってしまえばあっという間です。

 

「あれもしたい」「これもしたい」と

ふらふら安易な気持ちで生きていると

一つの事も成しえません。

 

さあ、今からがスタートだ!



 

 

 平成28年9月16日(金曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のサロンワークありがとうございます!!

 

【明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は

① 自分で自分の面倒がみられること

② 下(部下)のマネジメントではなくて、上(上司)のマネジメントをすること

③ 経営の基本を広く着実に身につけること

byピーター・ドラッカー/経営学者】

 

 

 

「今の時代こそ活動的考察と戦略思考(顧客志向、遠くを計る)を持て」と言われます。

 

社長、幹部、社員さんが一致団結して自分のするべき仕事をすることを、「三位一体経営」それを、「ありがとう経営」「増収増益経営」と呼びます。

 

社長力【経営力】

1、       将来のビジョンや自社の目的、使命を明確に構築し社内に浸透させる力

2、       外部環境の変化の中から自社成長の機会を発見しその機会を最大限生かせる力

3、       自社を取り巻く脅威を発見し、その脅威を機会に転じさせる力

(変化には二つの側面がある。機会発見強化。脅威認識改善)

 

管理力【組織力】

1、       社長を補佐し、将来のビジョン実現のために経営資源を最大限活用する力

2、       計画立案力に優れ素早い行動力と明確な進捗管理能力を持ち、顧客ニーズに合わせた経営革新の仕組みを作り上げる力(企画書)

3、       経営資源の中で最も大切な部下を動機づけし、指導育成する力

 

現場力【改善力】

1、       サービス提供者としてお客様の満足をつくり出す力

2、       正確に早く効果的、効率的に仕事をする力

3、       お客様の情報を収集し、会社に対して改善提案ができる力

 

 

経営品質を一言で言うと

経営の社会的価値を問う といえます。

企業の価値は製品やサービスのみではありません。企業活動の全てが顧客にとって、本当の意味での価値あるものであることが問われます。それも絶えず世の中の変化に対応して改善が為されることが求められます。また、企業が社会から尊敬される存在であることも、経営品質の中で重要な意味を持つようになって来ています。by[江崎昌男]

 

 

会社で働く人、全員がそれぞれの立場での役割を全力で、そして本気で取り組むことが求められています。

 

本気で取り組む習慣があれば、少々の苦労は苦労でなくなると言われます。

 

変化の激しく、成果の上がりにくい時代ですが、どんな苦境も苦労と感じずに自分のやるべき仕事をやり遂げる、そんな人財になり、良い組織をつくりましょう!

 

そしてたくさんの苦難、困難から学び自己成長できる会社にしていきましょう!!

 

その為に、今日も目の前のスタッフ、お客様のスマイルをつくることに全力を尽くしましょうね!!

 

 

==============

 

 人のせいにしない

 

==============

 

人のせいにしたところで、何も変わらない。

 

その時間があったら、

自分にできることはないか考えよう。

 

問題を引き受ける勇気が

問題を解決に近づけます。





平成28年9月15日(木曜日)

 

昨日は幹部さんと幹部研修に参加させていただきました。

 

ありがとうございます!!

 

 

 

【小規模な企業が生き残るには、局地戦に勝て。by永谷嘉男】

 

中小企業が会社がしてはいけない事と、しなくてはならない事があるといわれます。

 

「価格競争」をせずに「価値競争」に切り替える

 

「規模拡大」を目的にせず、しっかり内部を固めて「規模成長」を目指す!

 

そして

 

KKDH経営】(勘、経験、どんぶり勘定、はったり)をやめて

 

S経営(スピリット、スピード。サイエンス、スモール、シンプル)に切り替えること

 

KKDH経営とは?

【勘】 アバウト、大体、インスピレーション「情報なきところに戦略なし、現場に戦略あり」

 

【経験】成功体験→ちっぽけなプライド→(固定観念、昔は・・・)→お客様が見えずに売り手主体になる。

経験は大事であるがプライドが邪魔する。人の話が聞けなくなったら会社は成長しない、業績は悪い

 

【どんぶり勘定】無計画、計画と実績の誤差管理ができていない

 

【ハッタリ】その場しのぎ

 

 

【どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。byハワード・シュルツ】

 

S経営とは?

 

【スピリット】(熱意、情熱)会社を良くしていく!自分に火をつけ全社員に火をつける

 

【スピード】すべての仕事を10%早くする。歩くスピードも速く(「早し良し ちょうど良し危うし 遅し悪し」 大切なことは早めにやっておくことが一番良い。締め切りに合わせて行うことは危ういことがあるかもしれません。遅れて間に合わないことは取り返しが付きません。成果を出す人は、決まって前半主義です。)

 

【サイエンス】(科学的に数値データーに基づく、数字で報連相する)

 

【スモール】シンクスモール(小さく考える)1日の売上→1時間の売上→なぜ?なぜ?なぜ?真因をつかみ解決する

 

【シンプル(複雑に考えない、単純化、明確)

 

ぜひ5S経営を心掛けて、良い会社を全員参加で創りましょう!!

 

 

 

サム・ウォルトンの成功するビジネスを築く10カ条

【ルール1】自分のビジネスに専念する。

【ルール2】アソシエート(従業員)との利益を分かち合う。

【ルール3】パートナー達への動機づけをする。

【ルール4】パートナーに対してはすべて公開する。

【ルール5】アソシエートへの賞賛と感謝をふんだんに。

【ルール6】成功の祝福する。

【ルール7】社内の声を大切にする。

【ルール8】お客の期待を越えよう。

【ルール9】経費を抑制しよう。

【ルール10】逆流に向かって進め。

 

 

==============

 

 チャンスはピンチの姿で現れる

 

==============

 

「嫌だな〜」と思った事、

「やりたくないな〜」と思った事、

「無理だよなあ〜」と思った事。

 

今までは、逃げていた事かもしれません。

 

でも、これらは挑戦する事で

大きく成長するチャンスなのです。

 

あなたの目の前にも、

大きなチャンスが姿を変えて現れていませんか?


 平成28年9月14日(水曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のPDCA活動ありがとうございます!!

 

結局、報連相を徹底できるかどうかは上司次第なのです。報連相は部下の当然の義務とばかり、自分の椅子にふんぞり返っているようでは、とてもではないが実現は難しい。まず、上司自ら部下の側に歩み寄り、自ら挨拶をして積極的に声をかけていくことが重要です。by鏑木正

 

 

組織のコミュニケーションとは、上司から部下への「指示命令」、部下から上司への「報連相」が基本です。

 

そしてお互いに報告のしやすい環境づくりが大切なようです。

 

 

報告をするポイント(上手な報告の仕方)

           まず、仕事の結論・結果から報告する、そしてその原因・理由を伝える

           事実を正確・簡潔に報告する

           事実と自分の意見を区別する

           タイミングよく報告する

           指示命令一元化の原則を守る

 

報告を受けるポイント

           報告をしやすい雰囲気をつくること

           部下に十分話をさせる

           最後までよく聴く

           報告を部下教育に活かす

           自分の足と目と耳で確かめる

 

ぜひ良いコミュニケーションを意識して、良い人間関係、風通しの良い社風をつくりましょう!

 

[報告]

●目的・現状を正確に認知してもらうこと。

●伝えるべきこと

・元々どのような状況だったか。

・何を考え、何をしたのか。

・今現在どのような状態なのか。

 

[連絡]

●目的・事実の周知

●伝えるべきこと

・ありのままの事実

●注意点

・個人の意見や見解をくわえない

 

[相談]

●目的・決断するための判断材料を増やす

●伝えるべきこと

・報告と同じく、正確な事実

・自身がどうしようと思っているのか、その後の予定

●注意点

・伝えるべきことを明確にする、誤った情報を伝えてしまうと正確なアドバイスを受けるのがむずかしくなってしまうので、自分がミスをした場合でも隠し事はしない。

 

 

==============

 

 プラスにすること

 

==============

 

「行動力がない」という短所、

表現を変えると「慎重」という長所になる。

 

「頑固」という短所、

表現を変えると「意志が固い」という長所になる。

 

あなたが自分の「短所」と思っていること、

表現を変えるとどうなりますか?

 

QRcode  web予約
 

 平成28年9月13日(火曜日)

 

 

【努力よりほかにわれわれの未来をよくするものはなく、また努力よりほかにわれわれの過去を美しくするものはないのであるby幸田露伴】

 

 

「直接の努力」と「間接の努力」

 

努力には2種類あると言われます。

 

「直接の努力」とは目の前の努力、目先の努力で今の現状で成果を出す努力です。

 

「間接の努力」は、将来に向けての努力で、今はすぐに成果は出にくいが今後の自分、会社のためにしておくべき【学び】と言えます。

 

今までは「直接の努力」を全力ですればなんとか、企業は成果を上げてきましたが、AI(人工知能)などで、外部環境が大きく変わる今後は、同業他社や異業種、またお客様から学ぶ「間接の努力」が重要であると言われます。

 

【無知は悪である。しかし、知的欲求を失うことはさらに悪である。byバーバラ・グリッツイ・ハリスン(作家)】

 

先日、東京で活躍するカリスマ美容師のM氏とお話をさせていただいたときに、その有名サロンでも昨年は経営情報が足りないばかりに倒産しかけたと仰っていました。

 

本気で何事もにも立ち向かう習慣を身につけた人が最後は勝利するのです。安易に「直接の努力」だけで満足せずに、現場が一丸となり、将来を見据えて「間接の努力」をする時なのです。By田舞徳太郎

 

今こそ!学び続ける社風づくり!すべてのものから学ぶ人間力!が大切です。

 

「間接の努力」とは、環境を変えることではなく、自分を変えることです。

 

ぜひ学ぶ気持ちを忘れずに自分を進化させていきましょう!!

 

いくら学び、知識を身につけても人間は全知全能になることはできないが、学習している人間と無知な人間を比べると、天地の開きがある。byプラトン(古代ギリシアの哲学者)

 

無知な人間はいつでも自分の理解できないことを称讃する。byC・ロンブローゾ(イタリアの精神科医、犯罪人類学の創始者)

 

==============

 

 人の喜ぶことをやる

 

==============

 

自分がしてもらってうれしいことを

人にしてあげよう。

 

喜びを与えることができる人になろう。

 

身近な人に喜んでもらえることは何ですか?

 


 平成28年9月12日(月曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のPDCA活動ありがとうございます!!

 

店長さんも細かい報告ご苦労様です。

 

昨日は、SPC兵庫の経営セミナーに参加させていただきました。

 

ビジョンとは、今は到達できそうもない高遠なる到達点のことである。

当然その達成のためには長い時間を要する。

どうしてもその過程で、数多くの失敗が起こるわけで、そのつど挫折する危険がる。

そこで挫折させないための絶対的条件は、そのビジョン達成に自分で生きがいを感じていることだ。生きがいとは、個人の世界観や人生観で決まる。

純粋にその個人の問題であって、自分のハ-ドワ-クの結果、他の人が幸せになっていくことを自ら実感できるとき、初めて生きがいを感じることになる。

つまり生きがいとは、多数の人々の幸せをつくることだ。それが自分の人生において、何ものにもかえがたい喜びと思えることだ。

ビジョンを支え続けるのは、この生きがいなのである。Byキャラ・カールトン(カーリー)・フィオリーナ、アメリカ合衆国の実業家。政治家。

 

 

どんな会社でも目的は永続すること。

 

そのためには「顧客の創造」をしていくこと、「世の中の役に立つ」こと

 

そして、そこで働く全員が「幸せになる」ことです。

 

企業の成長を促進するものが【企業文化】と【社風】といわれます。

 

1、現実からあるべき姿に変革していく原動力が企業文化と社風

2、企業文化と社風が人を育て、製品、商品、技術、サービスを育てる

3、顧客満足を高め、社会貢献につながる(企業イメージの向上)

4、社内に善の循環が生まれる

5、企業文化、社風は業績に反映される

6、強い企業文化、社風を持った企業をつくるためには事業計画と経営システムが必要

7、経営者、幹部の強いリーダーシップが必要

 

企業文化をつくるのは価値観教育、社風をつくるのは態度教育です。

 

幸せな会社をつくるために、今日も目に見えにくい教育にも力を入れていきましょう!!

 

 

 

==============

 

 すぐに行動する

 

==============

 

「いつかやろう」

その「いつか」という時は

いつくるのでしょうか?

 

待っていても「いつか」はきません。

思った時、すぐに行動することが一番です。

 

今すぐ行動しましょう!
1Smile-group

 平成28年9月11日(日曜日)

 

昨日は営業後にお疲れのところ全体会議ありがとうございました!

 

また発表したいただいた店長さん及び、スタッフさんご苦労様です!

 

 

私にとって素晴らしい製品を創ることが唯一の目的です。 そして、長年かけて、素晴らしい製品を創るためには、強い会社、才能あふれる人材、そして文化が欠かせないことを理解しました。– スティーブ・ジョブズ, アップル社共同創業者

 

 

会社の社風は、企業文化に大きく影響されると言われます。

 

企業文化とは、

【長い時間をかけて組織のメンバーに共有された「モノの見方」「価値観」を意味し、「思考の様式」、「行動」の様式としてみることができる発想、行動、意思決定の原点を形成する」

 

企業文化が私たちの最優先事項です。文化を正しく気にかければ、顧客に素晴らしいサービスを提供したり、長期的なブランドを築いたり、といったことは自然と行われるようになります。
– トニー・シェイ, ザッポスCEO

 

そして

健全な企業文化はなぜ重要か??

 

    企業を取り巻く環境変化への対応

(外部環境の変化にメンバー全員一丸で乗り切るため)

    組織の活性化と社員の意識改革

(組織のメンバーに夢を与え、動機づけを図る重要な役割)

    企業と社会の関係性の構築

(健全な企業文化がブランドとなる)

 

偉大な企業文化を創るための魔法はない。カギとなるのは、自分にしてもらいたいように人に対してするということだ。– リチャードブランソン, ヴァージングループ創業者 



組織の企業文化は、価値観が大きく影響すると言われます。

 

なんのために働くのか??

お金?名誉?貢献?夢?

 

どんな人生にしたいのか??

 成功?あきらめ?

 

人間とは??

 信頼できる?裏切る?

 

企業の健全な価値観のベクトルを合わせることが、健全な企業文化をつくる上で最重要です。

 

価値観教育(可能思考教育)に、力を入れている企業が外部環境にも関係なく伸び続けているのは、そのためですね。

 

しっかり健全な価値観教育のできる会社をつくり、スタッフさん全員が幸せな会社をつくりましょう!

 

 

会社は社員に給与を与えるだけの存在以上になる必要があります。
Rick Federico, P.F. Changs

 

 

 

==============

 

 ビジョンを明確にする

 

==============

 

ビジョンとは将来なりたい姿のこと。

どのような状態でいたいか明確にすることで

今日、何をなすべきかが明確になります。

 

あなたのビジョンは何ですか?

10年後にあなたはどうなっていたいですか?

3年後はどうなっていないといけないでしょうか?

 

ビジョン実現のために、今日何をしますか?



 平成28年9月10日(土曜日)

 

おはようございます!!

 

週末のサロンワークお疲れ様です!!!

 

【指示命令系統一元化の原則】

命令一元化の原則とは、メンバーは常に一人の上司からの命令を受けるよう二しなければ現場は混乱してしまうだろうという原則です。

よく、指揮命令系統の一元化!と言われるヤツですね。

複数の上司がバラバラの命令をだして現場が混乱する・・・っていう現象は日常茶飯事的に起きているようです。

 

 

組織目標に集中するには命令系統が一つであることが必要だという考え方が【指示命令系統一元化の原則】

です。

 

組織がうまく機能していない場合は、複数の上司が違う指示を出していたり、

 

報連相が直接の上司を飛び越していたりする場合が多いようです。

 

美容室の場合は指示は、「オーナーマネージャー店長スタッフ」という、順序を守っていくことで、無駄やムラがない生産性の高い組織をつくれます。

 

報連相も「オーナーマネージャー店長スタッフ」というように全員が理解できる報告系統を守ることが大事です。

 

指揮命令系統を統一化するのは、組織運営の重要な原則ですが、管理職である店長さんが、この原則を理解していないケースが美容室では多いようです。

 

部下である社員さんもその原則を知らなければ、組織崩壊につながりかねないと言われますので、ぜひ今一度「情報の混乱」をなくすためには、この一元化の原則を見直すことが大切なようです。

 

≪人に命令するものは、まず服従することを学ばなければならない。Byドイツのことわざ≫

 

 

「それ聞いていない」や「誰が言ったの?」という言葉がでる組織は「報連相」ができていなく、チームワークない組織と言われます。

 

緊急時や、場合によっての例外も多いですが、指示命令や報連相の一元化を全員が意識できることが、強い組織をつくる要因になると思います!!

 

ぜひ上司は直接の部下にたくさんの指示命令を、部下は直接の上司にまめな報連相をするコミュニケーションの活発な組織をつくりましょう!!

 

 

==============

 

 能力は習慣で身につく

 

==============

 

たまたま一回できたからといって

能力が身についたとは言えません。

いつもそれができる力が能力です。

 

能力は一回や二回の練習で

身につくものではありません。

 

能力は習慣で身につきます。

よい習慣を身につけましょう。

 

実践コース(PSV)は、

良い習慣を身につけるトレーニングです。
20160608091022

 平成28年9月9日(金曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のPDCA活動ありがとうございます!!!

 

「まず、社員の皆さん一人一人に、゛人間一流゛をめざしてほしい。゛人間一流゛とは、常に他人を思いやり、他人のために惜しげもなく自らの力を差し出すことのできる人を言う。その目標は、すべての人が目指し、実現できるものである。みなさんお一人お一人が、゛あの会社の社員は揃って、人間として一流だ゛と言われるとしたら、既にみなさん方の会社は、立派に一流企業です。

 また、一流とは、隅々まで行き届いた仕事ができることを言う。みなさんの仕事の仕方が本当に隅々まで行き届いているならば、その点においても、みなさんの会社は、゛一流企業゛です」by上甲晃

 

 

教育とは、理念を浸透させるためにする必要があり、

 

人財育成の3要素は≪やる気≫≪やり方≫≪やる場≫を与えること、環境をつくることと言われます。

 

「企業内の人財育成は事業目的の達成や経営戦略を随行するうえで必要な能力開発が目的であり、教育は経営活動をさせる重要な機能の一つである、この機能が働いていないと、企業活動に大きな支障をきたす。」

 

教育は、大きく3つに分類され

 

【職能教育】PDCAサイクルを回したり、具体的な仕事の技術、知識を伝えるの教育(仕事力)。仕事のできる上司がコーチ役となり手取り足取り5W2Hで指導する。

 

【態度教育】マナー、態度、接客など上司が良い見本となって伝える。

 

【価値観教育】「プラス思考」や「ポジティブシンキング」などの可能思考や、健全な仕事観などを、上司が人生の師匠になり伝える(人間力)。すべての教育の根幹。

 

特に、日本的経営には価値観教育は重要で、人を大切にする人本主義や「和」を大切にすることが今、見直されています。

 

欧米の拝金主義や成果主義で成果を出す人を大事にするのではなく、日本的な「和」や「思いやり」の文化を大切にする企業文化をみ形成することが日本人にはあっていると言われます。

 

「健全な価値観」を持った「人間力」のある人財が企業の宝です。

 

欧米的な「優しくて、冷たい会社」よりも。日本的な「厳しくて、温かい会社」を目指しましょう!

 

 

 

 

==============

 

 自分で限界を決めない

 

==============

 

能力の限界を自分で決めてはいませんか?

「できない」「できない」と思っていては

いつまでたってもできません。

 

能力に限界はありません。

限界があるとすれば、それは自分で決めているのです。

 

もう一歩、もう一回、チャレンジしてみよう!
1467013012302

 平成28年9月8日(木曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日も営業後に講習があったそうでお疲れ様です!!

 

ぜひ1つでも今日から活かしてくださいね!

 

 

僕も昨日は営業後に「究極のサロン経営セミナー」というものを受講しました。

 

 

【私たちの人生を決めるのは、何を所有しているかではない。

 

世の中に対してどのように貢献するかで決まるのだ。byアンソニーロビンス】

 

 

究極のサロン=永続的に発展するサロンとは、【原理原則】を実践しているサロンであり、ノウハウや手法ではないとのこと。

 

原理原則とは、幸せな人生に必要な3つの条件「成長」「貢献」「仲間」という価値観を大切にすることであると言われます。

 

【成長】

人間は、恒常性という変化を嫌がる性質があり、成功者はその変化に挑戦する人であると言われます。

 

人は無意識では、平凡に生きることを選択すると、困難に挑戦して充実した人生を送る選択を意識的にすることが成長に繋がるそうです。

 

学び続ける社風、困難に挑戦し成長を選択する人生観が大切です。

 

【貢献】

会社の理念やビジョンが人様から喜んでもらえること、私利私欲でないことであり、そのことをリーダーが本当に心から決めること。

 

何を決めるのか?それは「貢献」と呼ばれ、社員さん、お客様を絶対に幸せにする!と決めることです。

 

「与える」という仕事観を持つことが大切です。

 

【仲間】

どんなにお金や名誉があっても、心から信頼できる仲間がいないと幸せな人生とは呼べません

 

「共に勝つ」という人間観が大切です。

 

 

【人生を決めるのは、環境などではない。その人が何を決意したかである。byアンソニーロビンス】

 

 

サロン繁栄、商売繁盛の【原理原則】は、「人を幸せにすること」、人を幸せにするためには自分自身が原理原則を知り、幸せにならなければいけません。

 

その為には毎日の自分の小さな選択を「成長」「貢献」「仲間」という価値観を大切にすることです。

 

毎日に小さな選択が人生をつくります。

 

「成長」「貢献」「仲間」を大切にする幸せな人生を送りましょう!!

 

 

 

==============

 

 継続は自信なり

 

==============

 

「継続は力なり」という言葉があります。

小さなことでも積み重ねることで

大きな力になるのです。

 

継続することは自信にもつながります。

自分自身を認めることができるからです。

毎日、自分を認めることが自信につながります。

 

どんな小さなことでもいいのです。

毎日、自分を認めましょう。


↑このページのトップヘ