平成28年3月20日(日曜日)

 

 

 おはようございます!!

 

本日は祝日営業よろしくお願いいたします。

 

松下幸之助の次の言葉を聞いた時、私は、強い衝撃を受けました。
 「僕は、物事がうまくいった時、いつも“みんなのおかげだ。決して自分の力ではない”と、自らに言い聞かせました。逆に、物事がうまくいかなかった時には、“すべて、私が悪い”と考えました」。
 物事がうまくいかない時、私のせいだと考えるから、反省ができるのです。そして、反省は必ず、次の成功を運んでくれます。他の人が悪いと考えている間は、人を責めるだけです。 上甲晃

 

 

 

【成果の出る人の3つの原理】というものがあります。

 

1、包摂の原理

一つ目は包摂の原理といい

 

すべての人からも、すべての出来事からも学ぶことです。

 

どんな悪い事があっても、人生は悪い事が多くて当たり前という人生観を持ち、

 

その中でも、悪い事が起こった時に、

 

自分の中にどんな原因があったかに気づき

 

それを修正すること

 

自分にとって好ましくない人に出会ったときも

 

その人の良いところを見付けその人から学ぶこと

 

いつも、起こる出来事も出会う相手も

 

自分次第で変わっていく

 

「自分が源」という原則を持つことが大事です!

 

今日も良い事、悪い事がおこりますが

 

出来事を良いことにするのも、悪い事にするのも自分の「見方」「考え方」次第

 

どんな良い人も悪い人も自分の「見方」「考え方」次第

 

今日も

 

すべてのヒト、モノ、コトから学ぶ1日にしましょう!!

 

 

明日は

2、積み重ねの原理

3、持続の原理

をお伝えしますね!!

 

 

=============

 

 成果と言い訳

 

==============

 

言い訳を持っている限り、成果を得ることはできません。

 

成果を得たければ、言い訳を捨てる。