平成28年3月26日(土曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日は営業後の2470講習お疲れさまでした。

 

ぜひとも今日から、たくさん予約を取っていきましょう!!

 

景気後退期に企業が実行すべきマーケティングの基本動作は4つあります。

. 顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること。

. 自社の製品やサービスを再点検すること。

. 製品が顧客の手に届くまでの全プロセスを再点検すること。

. 販売促進の抜本的な改革をすること byフィリップ・コトラー

 

 

 

現在の企業の実態は

 

環境に関係なく実力で利益をを出し続けている企業が10%

 

環境によって利益が出たりでなかったり、利益がトントンの企業が20%

 

環境に実力が追いつかず赤字の企業は70%

 

と言われています。

 

 

そして利益を出し続けている企業は、同質化競争から抜け出し

 

価格競争にも巻き込まれず利益を出し続けているといいます。

 

 

もし顧客がどこのサービスも似たようなものとみなすなら、顧客は誰がそのサービスを提供しているかということより価格を重視するようになる。価格競争から抜け出すには、サービス内容とサービスの提供方法を開発し、そしてイメージを差別化することが必要となる byフィリップ・コトラー

 

 

その為に他社と

 

違う商品(違う技術、違うサービス)と違う販売方法がなくてはお客様は、

 

近いところか安いところに行ってしまいます。

 

違う商品(違う技術、違うサービス)と違う販売方法のある企業は

 

他と異なる価値を提供できて差別化ができ

 

お客様は価格が高くても買ってくれるといいます。

 

その為には顧客情報、お客様の声にライバル会社よりも応えていくことが重要であり

 

お客様はスマイルと他のサロンをいつも比べているという意識が大切です。

 

比較されてもやっぱりスマイルの○○さんと言われる魅力が必要です。

 

しかし魅力は短期間にはできるものではなく、

 

長期的に実力をつける必要があります。

 

その為には学ぶことが大切です。

 

目先の売上をつくることに終始してしまえば、

 

学ぶ機会(チャンス)を失うこともあります。

 

経営情報、経営知識、経営ノウハウを社員さん全員が学ぶ姿勢の会社は強い会社です。

 

スマイルも営業理念にあるように、学ぶ姿勢を持ち続ける社風を創りたいものです。

 

そして、競争にも勝ち抜きスタッフさん全員が

 

物心共に幸せな会社を創りましょう!!

 

 

 

 

 

==============

 

 制約と知恵

 

==============

 

制約があるから

知恵が生まれてくるのです。

 

何の制約もなければ、

何も考えないで済むし、工夫もしないでしょう。

 

 

 

スマイル感謝ブログhttp://ameblo.jp/smilekobe/

 
社長ブログhttp://smilekobe.blog.jp/