平成28年3月28日(月曜日)

 

 

おはようございます!!

 

昨日は、入社式&全体会議

 

月曜日なのに、ありがとうございます。

 

 

【変化する時代で必要なのは、「自分たちは何屋か」「どこに強みがあるのか」という自社の存在理由やコア・コンピタンス(中核的な優位性)を再確認することです。たとえばレコード会社なら、アーティストとの関係を深めて、コンテンツで勝負するのか、それとも従来のブランドを生かして市場側に軸足を移し、ディストリビューター(流通業者)になるのか。その意思決定をしてこそ、技術革新や産業構造の変化に対応することができます。】内田和成、日本の経営コンサルタント。

 

 

昨日は自社の「価値=売り」はなに??

 

というディスカッションをしましたが、

 

この「価値=売り」を考えるのは

 

今!もっとも重要です。

 

そして考えて考え抜いて、他社にはない独特のものを見つけなくては、

 

今後の厳しい美容業界を生き抜けません

 

その為には、たくさんの場で3つを学ぶぶ必要があります。

 

1、経営情報・・・どこに市場があるのか

 

2、経営知識・・・どうやって売るのか?

 

3、経営ノウハウ・・・会社として蓄積しているのか?

 

 

それを得るには、同業他社や、異業種の人との交流は大きなヒントがあります。

 

普段のサロンワーク以外に学ぶ場を持たなくては、

 

向上できない時代です、

 

逆に向上できない組織のや人の特徴はは

 

1、否定的な考え方、後向きの発想

   「時間が無い」「自分中心」

2、消極的な行動(進んで物事をしない)

3、報告・連絡・相談の不徹底

4、知識不足

5、情報不足

6、継続しない

 

です。

 

 

継続して学び続けて、

 

他社とは違う顧客に

 

他社とは違う商品、サービス、技術を

 

他社とは違う売り方で与えることを

 

実現できなくてはなりません。

 

ぜひ、毎日のサロンワークはもちろん

 

会議、研修、講習でたくさんの「気づき」を得ましょう!

 

そしてみんなでスマイルのコアコンピタンスを創り上げましょう!!