『真の平等とは、不平等に対しては、不平等の扱いをすることである。』

「平等」という言葉を、多くの人々は誤解している、条件が違ったケースや人々を平等に扱えば、それは不平等になってしまうことに気づいていない。

 たとえば、二人の男性が一〇〇メートル競走をするとしよう。一人は足を引きずっている九〇歳、一人は二十歳の若者だ。この二人が同じ条件で競争できるなどとは、誰も思えない。

 この場合、競争させること自体がナンセンスだが、もし「どうしても」というのであれば、九〇歳の男性には九〇メートル先から走ってもらうなどのハンディをつけるべきであろう。

 つまり、真の平等とは、不平等に対しては不平等の扱いをしてあげることなのである。

坂本光司