33 この先10年、日本企業は淘汰されていく。あなたの会社がなくなる日も・・・・


 人口減少なども含めて、市場が確実に縮小していく現代、この先10年間に楽観要素はひとつもありません。
 今後の大きな流れをシミュレートしておくことは、あなたが生き残る方法論にも大きく関わります。

 まず厳しい市場のなかで、財務体質の弱い企業が淘汰され、寡占化が進むでしょう。そして最終的にはマーケットごとに1社だけが勝ち残っていく・・・・そんなトーナメント戦がこの先10年続くと私は考えます。
商社だからといって安心はできません。弱い企業を淘汰するということは結果的に失業者を生み出し、結果的に市場の縮小に拍車をかけるわけですから・・・・。

 ですから、勝者は敗者たちを鳩首し、失業者を救う必要があるのです。政府から雇用法の整備などといったカタチで要求される可能性もあります。
 行き着く先は、過去の「公社」のような企業体が業種ごと登場する、そんな可能性さえあると私は考えているのです。

長谷川和廣