63 誰だって成功したい。だからこそ成功のためにどれだけ準備をするかが大事


 例えば昇進のために社内試験に挑戦するといったとき、ほとんどの人がこっそり心に決めて、周囲に漏らさずの事を進めることが多いようです。
 これは「失敗したら恥ずかしい」という心理からなのでしょう。
しかし、初めから失敗を前提とするような計画を立てても、うまくいくはずがありません。

むしろ「俺は必ず合格する!」と宣言したほうが合格への準備もやる気も高まるはずです。
第一に宣言した以上、合格をつかみ取らないと大恥をかくわけですから、その合格の可能性を高めるために貪欲になる。面倒くさいと感じる準備も怠りなくする。
 また、宣言すると、足を引っ張ろうとする人が出てくる半面、不思議と応援してくれる人も出てくるもの。これは真の社内人脈を得る機会でもあるのです。
 そして何より宣言によって火事場の馬鹿力が発揮されます。普段以上のパワーを発揮したその経験は、ビジネスでの修羅場にも必ず活かされるでしょう。

 長谷川和廣