おはようございます!!


昨日もサロンワーク&サロン実習性のお世話ありがとうございます!!

ぜひ!1週間後には、スマイルのファンになって『スマイルデア働きたい!』と思っていただけるような、最幸の働き方を見せてあげましょう!

昨日は、名古屋出張後、日創研神戸経営研究会の例会に参加させていただきました!



「60点主義」

 昨日の例会の講師は、東京で60年も続く自動車学校の「武蔵境自動車教習所」の代表取締役会長である高橋勇氏でした。

 年々人口減少や、若者の車離れが続く外部環境の中でも、武蔵境自動車学校は好業績と、高い顧客満足度を維持し続けています。

 しかし、好業績の中でも高橋氏は、今後は自動車学校はなくなっていく業種であると、真摯に危機感を持ち、好調の今から新しい業態開発や新事業への進出をすすめています。

 今が好調だから良いのではなく、10年先20年先を予測して「今の社員さんを守るために」イノベーション(変革)を起こしていると言います。

 また、高橋氏は、イノベーションを起こすのは、経営者自身ではなく、社員さんからの発信が重要であると言います。

 そのためには、「イノベーションの起こりやすい社風」をつくること!高橋氏は「60点主義」を大切にしているとのこと。

 60点主義とは、社員さんから「こんなことをやりましょう!」と言われたら、完璧でなくても「とりあえずやってみよう!」とチャレンジすること。失敗を歓迎する風土が重要であると言います。

 僕たちの業種も、今はお客様が来てくれているが、今後は、どんな外部環境に急変するか?まったく
わかりません。健全な危機感を持ち、「お客様の心の声」や「時代の流れ」に耳を傾けて常に変化していける会社を目指しましょう!
 
 「時代の流れの先を読み、時代に合った商品、サービスを取り入れ,良いものは素直に学び実行するのが商人の姿勢です」

 「空気が変わったのにその空気に合わせないと空気が吸えなくなるので死んでしまいます」 

「不易流行という言葉があります。どんなに時代の流れが変わろうとも、空気が変ろうとも、人も会社も変えてはいけないもの変えてはいけないがあります。それをしっかり把握し、変えるべきものは知恵を出しましょう。知恵を出した分、人も会社も今まで以上に成長できると信じています」

 本日も、小さなイノベーションを起こしてお客様からたくさんの「ありがとう」をいただきましょう!

 本日は大阪でSPC定例会議、そのまま金曜日まで東京へ「全国本部長会議」に参加してきます!
感謝!!