おはようございます!!

昨日もサロンワークありがとうございます!!

MOTもミーティングしてくれていたようで、ありがとうございます!!


【気遣いと心遣い】


「『お気遣い」の本来の意味は、人として、またはサービス業に携わるものとして基本的に必要な行いや言葉を相手に発することを言います。』


 ここ最近、お客様から顔周りにカラーが残っているというご指摘を受けました。
 
 どんなに、良いデザインやサービスを提供しても、ちょっとした気のゆるみで基本的なことが出来ていないだけで台無しになることがあります。
 
 カラーや髪の毛が顔に残っていることは、お客様には1番わかりやすい店側の落ち度になります。

 また、注意を払えば誰でも、防げる落ち度でもあります。

 今一度、誰でもできるからこそ、忘れがちな、当たり前の行いや言動!「気遣い」ができているのか?をチェックするべきですよねっ!
   
『「お心遣い」という言葉の意味には、心、思い、思想、精神を思いやりの形で表現するものがあります。「お気遣い」が一定のマニュアルに沿ったもので教わったり、習っていく最低限のマナーという傾向があるのに対して、お心遣いの意味はさらに広がりがあります。相手の気持ちや助けになることを考えた結果として積極的に行う行為のことを指します。』

 徹底した「気遣い」は、お客様に安心を与え、お客様の心を感じ取る「心遣い」はお客様の感動をつくります。

 今日もお客様の顔と心をしっかり見つめて、たくさんの感動をつくり、たくさんのありがとうをいただきましょう!

 また、「言葉遣いは心遣い」とも言われます。スタッフ同士や周りの人にも、思いやりを伝える善い言葉を与えたいですね!

感謝!!

本日は、ポートピアでバレンタインマラソンに参加してきます!