おはようございます!!

日々のサロンワーク!&プロジェクト活動ありがとうございます!!

昨日は、SPC兵庫で定例会議でした、

『商品売上50%』

 2015年の国勢調査では、日本の人口は1億2709万人で、史上初めて人口減少が起こりました。

 毎年のように100万人の人口減少が起こると予想されています。(減少幅は年々増える予想)

 全国の美容室は24万軒、理容室は12万軒で合計36万軒あると言われます。

 また美容師人数は49万人、理容師人数は23万人で合計72万人

 単純に理美容室利用人口(赤ちゃんや超高齢者を除く)と1店舗当たりの売上は(3か月周期、客単価6000円とする)61万円。

 美容師一人当たりの売上は、31万円となります。

 もし、最大にお給料をもらえるのならば、売上の50%として15万5千円が理美容師の平均給与となります。しかもこの数字は年々減少する傾向にあります。

 この状態を危機感を持って、考えるならば、ヘア以外の付加価値をつくること、理美容室でも今までの売上以外の新しいサービスを提供する必要があります。

 美容業界のナンバーワンメーカーのミルボンさんは、今後の美容師さんの生き残る道は、技術売上50%+商品売上50%であると提案しています。

 技術売上は、レッドオーシャン(競争の激しい既存市場)で、相当の魅力と努力がないと成果が出にくくなっています。

 商品に関しては、美容室の特性を活かすことで、可能性が広がります。

 美容室の徳性とは、1時間~2時間、お客様と会話ができ、悩みや要望を聴きとれることです。

 お客様は「苦痛(不便、不足、不安、不快、不満)を取り除く事「」と、「新しい価値を感じられる事」にはには、お金を消費すると言われます。

 美容室での2時間は、お客さんの苦痛を聞き出し、新しい価値を提案できる唯一の職業なんです。

 そして、価値を提案するためにはスマイルの売り物を明確にしなくてはなりません。

「美と健康の提案でお客様の人生を輝かせる」

 ぜひ、美と健康のプロフェッショナルを目指して、お客様の人生を輝かせ、またそのことにより自分も物心共に豊かな人生を送れる美容師ライフを送りましょう!

 「マインドイノベーション」
 
 近い将来に、売上の50%を技術、もう50%を商品で作れる理美容師さんだけが、生き残れる時代が来ます。

 これは、早くに気づいたもの勝ちです。

 ぜひ!今日もお客様の苦痛を聞き出し、解決できる提案を出来ることを目指しましょう!




 本日はOFF!

 大阪にフェルメールを見に行く予定です。

 感謝!!