おはようございます!!

 

 週末のサロンワークありがとうございます!!

 

 昨日は、久々に1日お休みをいただき、リフレッシュしました。

 

 まー、仕事してても、リフレッシュはできるのですが・・・(笑)

 

 この歳になって、初体験の普通の寿司屋さんを体験してきました!

 

 リーズナブルな価格もあり、とても繁盛していましたが、若い板前さんのコミュニケーション能力の高さが繁盛の要因かとも感じました。

 

 やはり、どんな職業でも、どんな時代でも必要な能力は「コミュニケーション能力」コミュニケーション能力とは、「話す力」よりも「聴く力」!

 

 「聴く力」とは?【質問力】【傾聴力】【笑顔】【相手を知りたいという気持ち】です!!

 

 ぜひ!お客様はもちろん周りの仲間にも興味を持ち、よいコミュニケーションをしていきたいですね!

 

 

 

 『時を守り、場を清め、礼を正す』

  

 

 

  教育学者:森信三先生は、職場を良くしようとしたら、まずこの3つから始めるという「職場再建の三原則」というものを提唱しています。

 

 職場再建の3原則「時を守り、場を清め、礼を正す」


 

①【時を守り】・・・時間を守ることとは、相手を尊重すること。時間を守らない人やを人を待たす人の特徴は、自分中心です。時間を大事にするとは、周りの人の時間を大事にすること!「待たす人」よりも『待つ人』が必ず信用を積み重ねて信頼を得ることが出来ます。

 

 ②【場を清め】・・・常に掃除をすること。良い職場とは、自分が出したごみ出なくても一つでも足元のゴミを拾うことのできる人間力のある人が集まる職場です。

 

 

 

 ③【礼を正す】・・・・挨拶をすること、返事をすること。挨拶の意味は、心を開いて相手に迫るということ。挨拶をすれば人間関係がよくなり、挨拶をしなければ人間関係が悪くなる

 


「時を守り、場を清め、礼を正す」スタッフ全員がこれをしたら会社は必ずよくなります!

 

 中小企業が経営をよくしていくコツは足元の実践からその第一歩が「時を守り、場を清め、礼を正す」

 

 今日からできる一つのことを徹底すること。平凡なことを徹底してやることが差別化になります!

 

「時を守り、場を清め、礼を正す」

 

 ぜひ!毎日!実践しましょう!!!!

 感謝!!!




 本日はアンジェサロンワーク&夜はオーナーと遊ぶ会2019です!!