おはようございます!!

 毎日のサロンワーク&報告業務ありがとうございます!!

 昨日は、同友会の人材育成員会で、親しくしていただいている先輩で、三宮で居酒屋をチェーン展開する社長さんとお話をする機会がありました。

 その方の会社は、コロナの影響で売上が60%ダウン。

 必死で現状の固定費(毎月かかる費用、家賃・人件費・広告費など)を削減していますが、それでも間に合わず、次の収入源のためにマスクの製造や調理師の派遣など新しい事業展開をするそうです。
 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000018-kobenext-bus_all


 大変な外部環境でも前向きに新しいことに挑戦し、企業を継続する姿勢に感銘し、自分も頑張ってこの危機を乗り越えていかねば!っという勇気をいただきました。

 その社長さんの、時流を捉えた早い行動力!「すぐやる習慣」のすごさを改めて感じました。


 『すぐやる習慣とぐずぐず癖』

 「すぐやる習慣」を持った人が多い会社は発展し、すぐやる習慣のない人(ぐずぐず癖)が多い会社は衰退すると言われます。

 スマイルは?

 各店舗は?

 特に管理者は??

 どうだろう???

 何事も思い立ったら、すぐ行動!

 ミーティングで決めたことは、すぐ実行!

 こういう社風をつくることが大切ですね!

 日創研の田舞徳太郎氏は「すぐやる習慣」を身につけるための4つの条件を提唱しています。

 ⓵「恐怖という本能の最大活用」・・・前向きな危機感を持つこと!今のままではダメだ!という危機感!「今のサービスのままではダメ」「今の技術のままではダメ」「今のメニューのままではダメ」健全な危機感をもって、日々進化する個人、お店、会社をつくっていくこと

 ②「自社の明確なビジョン」・・・どんな素晴らしい会社にも人間にも必ず「問題」はあります。その問題を解決した姿がビジョン!明確な1年後3年後10年後の目標を明確にして共有することが大切です。

 ③「もっと良くなりたいという気持ちの維持」・・・自分が快を得ること。快とは「報酬・称賛・承認」など貪欲に『快』を求めることも重要です

 ④「目標達成や問題解決に有意義性を持つ」・・・目標をノルマと捉えているらえている人は、「すぐやる習慣」がつきません。目標を達成することでどんなものが得られるか?どんなに人を幸せにできるか?考える想像力を持ちたいですね。

 やるべきことがたくさんあるのに、すぐに取り掛かれずに悩む社会人が多いと言われます。

 ビジネスの成功や人生の成幸に必要な大きな能力は「すぐやる習慣」です!

 何事も前向きにすぐに行動する習慣を持ちたいですね!

 感謝!!






 本日は!!

 OFF!!

 感謝!!