おはようございます!!

 毎日の時短サロンワーク&ステイホーム&13の徳目&報告業務!ありがとうございます!!

 昨日来ていただいたお客様に、ずっとステイホームしていたので、久しぶりの外出で美容室に来れて嬉しい!というお声をいただきました!

 もちろん積極的に「来てください!!」と言える状況ではないですが、来たいというお客様のためにも迎い入れる万全の環境を用意したいですね!

 スマイルに来ることが、コロナストレスを少しでも解消できれば、立派な社会貢献です!

 日経新聞で一橋大学の楠木健教授の「コロナ時代の仕事論」という連載があります。

 仕事はうまくやろうとするのが落とし穴、仕事はうまくいかなものと構え、そうそう思い通りにならないと自然体でいることの重要性を説いています。


 『プライド』

『幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待する事である。byベルナール・フォントネル』

 仕事はうまくやろうと思い過ぎると、肩に力が入りすぎてうまくいかないことが多くあると言います。

 さらに「うまくやらなければならない」という観念になると、プレッシャーが強すぎて新しいことへのチャレンジができなくなります。

 最近の若い人には、この傾向が強いらしく間違った「プライド」が邪魔しているようです。

 「プライド」がある人はすぐに傷つき、傷つくのがイヤで動けなくなる。動くときも失敗を避けようとして変な計画を立てたりする。そしてまた疲弊するそう。

 仕事には、誇りを持つこと!「プライド」は大切ですが、それは実績を積んでから!

 実績を持つ前に、謙虚さを忘れて「プライド」を持ちすぎると、失敗を恐れて挑戦できなくなったり、自分への「気づき」ができなくなります。

 毎日の13の徳目や営業日報での振り返りは、「プライド」を捨てて、真摯に向き合った人が成長できるツールです。

 ぜひ!自分の成長のために!

 うまくいかなくて当たり前!「変なプライド」は捨てて、挑戦し善い振り返りと反省を繰り返したいですね!!

 感謝
115278



 本日はアンジェサロンワークです!!