平成28年5月27日(金曜日)

 

昨日も業績アップセミナーに行かせていただきありがとうございます!!

 

PDCAで大切なこと

 

 

PDCAとは計画、実行、評価、改善、これを別の言葉で言うと

PDCAとは決める やる ふり返る よくする、ということです

 

PDCAサイクルで重要なことは、PDCAサイクルを早く、何度も回すことです

PDCAサイクルを毎日、毎週、毎月、毎年クルクルとまわし続けることが改善となり人の成長になるのです

 

例えば、PDCAサイクルが1年に1回では遅すぎます

売上目標が達成したかを1年後に知っても手の打ちようがないからです

 

そうではなく、PDCAサイクルを「毎日」まわすことです

今日の目標を設定し、実行する、それができたかをふり返り、「毎日」改善する

 

高速でPDCAサイクルを回すからこそ「毎日」少しずつ良くなっていくのです

PDCAで大切なことは、毎日、小さく、高速でサイクルを回すことです

 

 

人財育成に必要なのは「やる気」をだしてもらい「やり方」を覚え、「やる場」を与えることであると言います。

 

やる気・・・可能思考能力を身につけ、熱意と情熱をもって仕事に取り組む

やり方・・・仕事の能力=PDCAサイクルを正しく回せるようになること

やる場・・・権限を与えて実践させる。

 

先日お話をお聞きした大阪のAサロンは、毎年増収増益を続けている素晴らしい企業です。

 

特に女性が多い企業で6店舗の規模で女性が51名で男性が7名であると言います。

 

そして、成功している要因は、

 

美容師が、特に女性が苦手と言われている、PDCAサイクルを全社員さんで回せるようになったからであると言います。

 

PDCAサイクルを回すことで

 

1、客数がUPし続けています

・次回予約比率が20%45%になり再来率が上がった。

・平均来店サイクルが年3.3回4.5回になった。(カウンセリングを変えた。施術中に次回提案、アフターカウンセリングで次回のおすすめの日時を提案することで(次回来る理由ができる))

 

2、毎年新メニュー開発

過去5年間で10個の新メニュー誕生

客単価が750円アップした。

 

3、新卒採用が安定した

求人に対しての年間の計画をPDCAで回し始めてから、毎年平均10名の採用ができている。(全国平均0.1人)

 

 

10年間をかけて、会社全体にPDCAサイクルを回す習慣ができることで、大きな成果を得たと言います。

 

PDCAサイクルを回す力=仕事の能力

 

当社もAサロンのような良い企業を目指し、「やる気」「やり方」「やり場」を与えれる

 

人財育成をしていきましょう!

 

 

 

 

==============

 

 成長のチャンス

 

==============

 

無理かもしれないと思ったときが

成長のチャンス。

 

自分の限界を広げる絶好の機会。