親愛なるスマイラーの皆様へ

 

「戦略思考」と「顧客満足(CS)経営」」

 

会社は利益を上げなければ成り立ちません。利益を上げることは恥ずべきことでもなければ、人の道に反したことでもありません。

自由市場において、競争の結果で決まる価格は正しい価格であり、その価格で堂々と商いをして得られる利益は正しい利益です

厳しい価格競争の中で合理化を進め付加価値を高めていく努力が利益の増加を生むのです

お客様の求めに応じて営々と努力を積上げることをせずに投機や不正で暴利を貪り、一攫千金を夢見るような経営がまかり通る世の中ですが、公明正大に事業を行い正しい利益を追求し、社会に貢献していくのが京セラの経営です by稲森和夫


S_4388639782185


 

売上金額から仕入れ額を差し引いた利益を、「粗利益」と言い、またの名を「貢献利益」「付加価値利益」と呼びます。

 

価格競争に巻き込まれずに、会社の経営を安定させて、強い幸せな会社を創るためには「粗利益」の高い商品をたくさん回転させることが重要といわれますので「貢献」と「付加価値」という言葉は、強い会社のキーワードになります。

 

ライバル他社よりも高い価値を提供できることを差別化戦略といい、付加価値とはライバル他社よりもお客様に貢献することですので、その為には【手間ひま】をかけることが大事です。

 

 差別化戦略に成功している企業は、ライバル他社がやりたがらない「面倒くさいこと」「手間のかかること」を徹底して行ってといると言います。


大倉海岸_8

 

 またそのためにも、自社のお客様のターゲットを絞り込み「誰に、何を、どのように売るのか」を絞り込み、そのお客様に自社に【価値】集中して与えることが大事でありその考え方を「戦略思考」と呼びます。

 

 絞り込んだお客様に【経営資源【人、モノ、金、サービス】を手間ひまかけて注ぎ込むことにより、どんなに価格が高くても「あなたから買いたい」と思われる人や会社になれること、それを「顧客満足(CS)経営」言われます。 

 「顧客満足(CS)経営」とは「お客様の満足を組織的に作り出し、そして継続し続ける経営」のことを言います。

 

 中小企業がしてはいけないことは、価格競争であると言われ、その価格競争に巻き込まれないためにも、そして自宅から何軒もの美容室を通り越して自店に来続けていただくためにも、「あなたでなくてはならない」とお客様に感じてもらい選ばれる必要があります。

 

 そのために中小企業がすべきことは、すべてのお客様に100%の満足を提供するのは難しく、「戦略思考」で絞り込んだ一部のお客様が150%の満足をしてもらえる「技術、サービス、接客、問題解決」をする「顧客満足(CS)経営」であるといわれます。



大倉海岸_7

 

 「戦略思考」と「顧客満足(CS)経営」言葉にすると難しそうですが、自店の価値を感じていただけるお客様に、どこのサロンよりも「手間ひま」をかけて貢献し、喜び、感動を与え続けること、そのことによりどんなに高くても、どんなに遠くても「あなたから買いたい」と思っていただけるサロンをつくることができるのです。

 

 「戦略思考」も「顧客満足(CS)経営」も生み出すのは人財です。その為には、お客様の為に積極的学び続け、成長し続ける社風をつくることが大事です。

 

 ぜひスマイルは、積極的な全員参画経営で全員が人財になり、お客様の喜びをつくり続けていきましょう。

 

 

2016年5月31日  篠原感謝和隆

スタッフ数   45人(スタッフ100名まで残り55名)

夢野店7人  住吉店7人 アンベリール14人 アンジェ9人 六甲店3人 アルプス店4人 オフィス1人