平成28年6月20日(月曜日)

 

おはようございます!

 

昨日はサロンワーク&ヘア―ショーありがとうございます!!

 

 昨日は九州にサロン見学に行かせていただき、

 

28歳の女性経営者のサロンを見学をさせていただき、お話も聞かせていただきました。

 

彼女は美容の技術は全くできませんが、

 

22歳でお店を起業し、いきなり繁盛店!

 

今も利益率の高い美容室を2店舗経営しています。

 

そして、若くして成功した要因は「技術ができないこと」が良かったといいます。

 

技術ができないことで、若いことで、スタッフになめられ

 

指導ができずに悩んだこともあったといいますが、

 

逆に自分が技術ができなきないことで、スタッフさんに任せることができ

 

若いことをで、ベテランの技術者に、お願いができたと言います。

 

若くて技術のできない事を、ハンデでなく

 

自分の武器であると考えることにより

 

自分の心も、お店の状況も良化していったと語ります。

 

 

 

 『貧乏だったから、一生懸命働こうと思い、わずかな給料でも感謝できた。

学歴がなかったから、他人に素直に教えてもらおうと思った。

体が弱かったから、人の能力を信じて、人に任せることができた。

私は貧乏で、体が弱くて、学歴がない(中卒)。だから成功できた。』by松下幸之助

 

 

物事の見方というのは、角度を変えることでどんなことでも「良い面」があります。

 

ないことばかりに集中して、「できない理由」を考えるより、

 

いかにそれを「良い面」と考え前向きに「できる方法」を考えることで、

 

人生は開かれます。

 

どんな状況でも、「ピンチはチャンス」「やればできる」

 

と考える人に成果も幸せはやってきます。

 

出来ないことを前提に考えては、物事は失敗します。

 

どんなことも成功させるつもりで前向きに考える必要があります。

 

今日も、出来ない理由を考えるのではなく、出来る方法を考えましょう!

 

 

 

 

==============

 

 成長の敵

 

==============

 

自分の成長を阻害する

最大の敵は自分。

 

自分以外の敵に意識を奪われ、

自分の内にある敵を

見失ってはいないだろうか?

 

まずは自分の弱さと向き合い、

克服に向けて取り組もう!