平成28年8月29日(月曜日)

おはようございます🎵

昨日は台風のために仲良し会中止残念でした。

来月は8月の分も仲良くしましょう🎵


企業は存在することが社会にとってす

有益なのかどうかを

世間大衆から問われていますが、

それに答えるものが経営理念です。

つまり、経営者は他から

問われると問われざるとにかかわらず、

この会社は何のために存在しているのか

そしてこの会社をどういう方向に進め、

どのような姿にしていくのかという

企業のあり方について、

みずからに問い、

みずから答えるものを持たなくてはならない。

言い換えれば、

確固たる経営理念を

持たなくてはならないということです。
by松下幸之助 -

会社が生き残り、繁栄し続けるためには経営理念を確立し、社内外に浸透させることが重要であると言われます。

社内はもちろん、自分の会社は、何を目指して、どんな価値を提供する会社であるのかを伝える必要があります!

お客様は、お店を選ぶときに「自分にどれだけのメリットをもたらしてくれるのか??」が基準です。

「自社の利益を追求しようとしている企業」と「経営理念を追求している企業」ではお客様からの、支援のされ方が違います。

ぜひ自社の経営理念

ミッション・・使命、企業の存在意義

ビジョン・・将来の展望、あるべき姿、企業のゴール

バリュー・・社内の価値観、社風、社内の行動規範、ルール

お客様にも伝えていき、永続的な繁栄を目指しましょう!!

==============

 やると決める

==============

決めないことには何も始まりません。
「やる!」と決めるから、
どうやってやるかが見えてくるのです。

「やるか」「やらないか」、そのときは?

--------------