平成28年9月12日(月曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のPDCA活動ありがとうございます!!

 

店長さんも細かい報告ご苦労様です。

 

昨日は、SPC兵庫の経営セミナーに参加させていただきました。

 

ビジョンとは、今は到達できそうもない高遠なる到達点のことである。

当然その達成のためには長い時間を要する。

どうしてもその過程で、数多くの失敗が起こるわけで、そのつど挫折する危険がる。

そこで挫折させないための絶対的条件は、そのビジョン達成に自分で生きがいを感じていることだ。生きがいとは、個人の世界観や人生観で決まる。

純粋にその個人の問題であって、自分のハ-ドワ-クの結果、他の人が幸せになっていくことを自ら実感できるとき、初めて生きがいを感じることになる。

つまり生きがいとは、多数の人々の幸せをつくることだ。それが自分の人生において、何ものにもかえがたい喜びと思えることだ。

ビジョンを支え続けるのは、この生きがいなのである。Byキャラ・カールトン(カーリー)・フィオリーナ、アメリカ合衆国の実業家。政治家。

 

 

どんな会社でも目的は永続すること。

 

そのためには「顧客の創造」をしていくこと、「世の中の役に立つ」こと

 

そして、そこで働く全員が「幸せになる」ことです。

 

企業の成長を促進するものが【企業文化】と【社風】といわれます。

 

1、現実からあるべき姿に変革していく原動力が企業文化と社風

2、企業文化と社風が人を育て、製品、商品、技術、サービスを育てる

3、顧客満足を高め、社会貢献につながる(企業イメージの向上)

4、社内に善の循環が生まれる

5、企業文化、社風は業績に反映される

6、強い企業文化、社風を持った企業をつくるためには事業計画と経営システムが必要

7、経営者、幹部の強いリーダーシップが必要

 

企業文化をつくるのは価値観教育、社風をつくるのは態度教育です。

 

幸せな会社をつくるために、今日も目に見えにくい教育にも力を入れていきましょう!!

 

 

 

==============

 

 すぐに行動する

 

==============

 

「いつかやろう」

その「いつか」という時は

いつくるのでしょうか?

 

待っていても「いつか」はきません。

思った時、すぐに行動することが一番です。

 

今すぐ行動しましょう!
1Smile-group