平成28年9月13日(火曜日)

 

 

【努力よりほかにわれわれの未来をよくするものはなく、また努力よりほかにわれわれの過去を美しくするものはないのであるby幸田露伴】

 

 

「直接の努力」と「間接の努力」

 

努力には2種類あると言われます。

 

「直接の努力」とは目の前の努力、目先の努力で今の現状で成果を出す努力です。

 

「間接の努力」は、将来に向けての努力で、今はすぐに成果は出にくいが今後の自分、会社のためにしておくべき【学び】と言えます。

 

今までは「直接の努力」を全力ですればなんとか、企業は成果を上げてきましたが、AI(人工知能)などで、外部環境が大きく変わる今後は、同業他社や異業種、またお客様から学ぶ「間接の努力」が重要であると言われます。

 

【無知は悪である。しかし、知的欲求を失うことはさらに悪である。byバーバラ・グリッツイ・ハリスン(作家)】

 

先日、東京で活躍するカリスマ美容師のM氏とお話をさせていただいたときに、その有名サロンでも昨年は経営情報が足りないばかりに倒産しかけたと仰っていました。

 

本気で何事もにも立ち向かう習慣を身につけた人が最後は勝利するのです。安易に「直接の努力」だけで満足せずに、現場が一丸となり、将来を見据えて「間接の努力」をする時なのです。By田舞徳太郎

 

今こそ!学び続ける社風づくり!すべてのものから学ぶ人間力!が大切です。

 

「間接の努力」とは、環境を変えることではなく、自分を変えることです。

 

ぜひ学ぶ気持ちを忘れずに自分を進化させていきましょう!!

 

いくら学び、知識を身につけても人間は全知全能になることはできないが、学習している人間と無知な人間を比べると、天地の開きがある。byプラトン(古代ギリシアの哲学者)

 

無知な人間はいつでも自分の理解できないことを称讃する。byC・ロンブローゾ(イタリアの精神科医、犯罪人類学の創始者)

 

==============

 

 人の喜ぶことをやる

 

==============

 

自分がしてもらってうれしいことを

人にしてあげよう。

 

喜びを与えることができる人になろう。

 

身近な人に喜んでもらえることは何ですか?