平成28年9月30日(金曜日)

 

おはようございます!

 

9月のお志事お疲れ様でした!

 

10月より1年生が本格的に社会人として勤務に入ります!

 

ぜひ生産性を向上できる職業人としての指導、育成をよろしくお願いいたします。

 

また、9月で新しい旅立ちをする森春樹さん豊田千尋さんお疲れさまでした。

 

遠く離れた地でも、スマイルの理念や学びを生かして、その土地でなくてはならない人になっていただけると嬉しいです。

 

10月は、再スタートの時期です。

 

良いことも悪いこともリセットし、新しい気持ちで28年度の後半戦に臨みましょう!!

 

 

 ゛運の強い会社゛、゛運の強い経営者゛、゛運の強い社員゛をめざすと言えば、多くの人達は、分かったようで分からないと言って、首を傾げるだろう。

 しかし、「運が強い会社になるために、当社は、どんな小さな仕事をする時でも、全力で取りかかろうではない」と呼び掛けるなら、社員もまた、自らがどのような働きぶりであるべきかを考える上で、大きな示唆を与えられるように思う。

 私は、十八年前、日本の若い人達の゛人間教育の場゛として、『青年塾』をひらいた。そこで若い人達に向かって、「君達の人生の運をひらく゛合言葉゛は、<はい喜んで>である」と教える。とりわけ、人が嫌がる仕事ほど、<はい喜んで>と引き受けられる人は、運をひらいていく。By上甲晃


 

 

昨日でBNIのプレジデントを卒業し、夜は引き継ぎミーティングに行ってきました。

 

BNIで成功するには、「六事千行」という考え方があり、1000のことを6回するのではなく、6つのことを1000回やるということが重要であると言われます。

 

「人が犯す大きな過ちのひとつに、何かキラキラ輝くもの、からまた別のキラキラ輝くものに目移りして振り回されてしまうことがある。」

 

「おー、これ見て!これ試してみよう。おー、うまくいかなかった。3週間試してみたけどうまくいかなかった。今度はこれをやってみよう」という考え方は成功から遠のくと言われ、凡事を繰り返すことで少しずつでも成果が積み重なると言われます。


 

BNIの六事千行とは

1、 出席・・・定例会に遅刻せずに毎週参加すること

2、 リファーラル・・・毎週1回は誰かにビジネスを提供すること

3、 ビジター紹介・・・ゲストを紹介すること

4、 TO1・・・メンバー間の個人面談を繰り返すこと

5、 トレーニング・・・学習をすること

6、 推薦状・・・メンバーのビジネスを体験し、推薦状を書くこと

と誰でも簡単にできることであり、それを繰り返すことでが1番の成功への秘訣であると言われます。

 

毎週、毎日少ないことを一貫して行う、6つのことを1000回やる!

 

成果をつくるためには、どこの国でも、どんな業種でも言っていることは同じ!

 

凡事徹底!積小為大

 

「成功というものは、骨をくわえた犬のように振舞うことで手に入るもの。一度手にしたらそれにしがみつけ。6つのことを1000回やる(六事千行)」byマイズナー博士

 

毎日の小さなことに全力で取り組み、積み重ねを大切にしましょうね!!

 

 

==============

 

 積極的に行動する

 

==============

 

積極的とは自分から進んで行動すること。

 

・自分から申し出る

・自分から確認する

・気づいたらやってみる

行動することで多くのことを得ることができます。

 

積極的に行動して、多くの気づきや学びを得よう!

それを正しく解釈する力が大切です。