平成28年12月27日(火曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日はサロンワーク&幹部忘年会お元気さまでした!

 

リーダーたる者、「困難の度合いを見極める賢さ」を持っていなくてはならない。何を変え、何を変えないのか。何を優先し、何を劣後させるのか。分別する賢さというものです。by武藤敏郎

 

 

セブンイレブンのマネージャーに求められる資質は二つあると言われます。

 

  1. データの中から現場の問題点を引っ張り出すこと
  2. 店舗に入ってパッと売り場を見極めるだけで問題点を見抜けること(五感を研ぎ澄まさせて問題を直感する力)

 

職場を改善していくには、「データーの検証力」と「現場の直感力」が大切であり、問題を見過ごさない力や、見て見ないふりをしない勇気が必要になります。

 

 

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。

叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。

決して個人的な叱責になってはいけません。byボビー・バレンタイン

 

 

管理者が毎日の数字と向き合い、明日の課題を見つけること。

 

さらに全員が毎日の問題点、課題を共有している組織はマネジメント力のある「強い組織」と言えます。

 

各店においては、「データー」や「お客様の声」からの問題点を見出し、全員の課題を設定することで真のお店の力がついてきます、

 

【コミュニケーション力は、上司と部下の双方に求められます。問題が発生して部下が報告に来たとき「何でそうなったんだ」と怒鳴っても無意味です。「よく言いにくいことを報告に来てくれたね」と受け止めればいいのです。組織では、どこかで問題が起こるものです。その報告にいちいち怒っていては、やがて部下は報告を遅らせたり、隠したりするようになります。それより、不完全でもいいから早く情報を共有し、チームワークで知恵を出し合って解決する。それが組織なのです。by宮田孝一三井住友フィナンシャルグループ社長】

 

毎日の数字と問題の共有できる組織をつくりましょう!!

 

==============

 

 他人が知っている自分

 

==============

 

自分ではまったくそのつもりがないのに

周囲の人はそう思っていないことがあります。

 

自分では人の話をよく聞いていると思っていても

周囲の人はそう思っていないとか。

 

自分では正確に話していると思っていても

あの人は話が長すぎると思っているとか。

 

自分どう見えているかを知ることは大切です。

勇気を出して周囲の人が自分をどう思っているかを聞いてみましょう。