読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

カテゴリ: 年間計画&基本方針

  平成28年5月21日(土曜日)

 

 

おはようございます!!

 

昨日は、サロンワーク&業績アップ会議ありがとうございます!

 

【習うより慣れろ】人から教わったり、本を読んだだけでは、そのことが身につきにくいが、あることを、 実際に経験して、体で覚えたことは、しっかりと自分のものになるということ。

 

 

何かを習って、身につけるには、毎日のコツコツとした実際の練習(経験)によって、 そのことに少しずつ慣れてゆき、知らないうちに、体で覚えてしまうという意味もあります。

 

又、仕事などで、起こった問題などを、色々な方法を考え、解決しようとすること

 

それを乗り越えたことで大きな体験となり、スキルとマインドが成長し自分の実力となります。。

 

 

「何もまねしたくないなんて言っている人間は、何も作れない(サルバドール・ダリ)」

 

「僕の動きはどれも一流選手から盗んだものばかりさ。僕は報いたいんだ——動きを教えてくれた先人たちにね。すべては試合ためさ。試合は僕自身よりずっと大事なんだ(コービー・ブライアント)」

 

また、「ならう」という言葉にも2種類あり

 

【習う】知識や技術を身に付ける。人から教わる。

  

【倣う】先例を手本にしてまねる。(前例に倣う)

 

倣うは簡単にいうと「まねる」ことと言われ、

 

先輩を「見習う」こととも言えます。

 

もともと「学ぶ」は「まねぶ」から変化したもので、身近な人から学ぶ謙虚さがその人の実力と言えます。

 

本を読んだりセミナーに行くばかりでなく、また誰かに直接指導を受けなくても自分の姿勢で「学ぶ」ことはできます。

 

慣れること(自らの問題を乗り越え体験から学ぶ)

 

真似ること(身近の人の良いところを真似る)

 

【学ぶ=習う+倣う+真似る】です。

 

毎日の仕事で学ぶ姿勢を、持つことで仕事は、自分を磨いてくれます。

 

今日も仕事で学べる良い一日にしましょう

 

「学び続ける社風づくり」には、すべてのものから学ぶ人間力が重要です!

 

 

【吾以外皆我師・也(われいがいみなわがし・なり)】

自分以外の人すべて自分の先生である、自分を育ててくれのは、自分と関わったすべての人だということです。by宮本武蔵

 

==============

 

 疑問

 

==============

 

ふと疑問に思ったことは、

すぐに調べるようにしよう。

 

新たな発見には、

心を若くしてくれる効果がある。

 

調べることを習慣にすると、

心がいつも若々しく保たれます。






  平成28年5月19日(木曜日)

 

おはようございます!!

 

日々のサロンワーク&トレーニングありがとうございます!!

 

 

巧詐不如拙誠 (こうさはせっせいにしかず)

巧みに偽り人を欺こうとするよりも、拙くとも誠意を示すほうが、ずっと相手に響くもの。

窮地に陥ったからといって、下手に言い逃れしようとしたり、取り繕うとしては傷口を広げるだけ。

覚悟を決めて、正直に向かい合うほうが、信用を失わないで済む。

巧みに騙したつもりになっても、相手に見抜かれては、2度と信用を回復できない。by『韓非子』 説林

 

いくら技術が優れていても、営業力がなければお客様は増えません。

 

技術力と営業力が車輪の両輪で伸びなくては成果は作れません。

 

トップスタイリストには、技術力だけでなく営業力も備えてなければなれません。

 

そして営業力とは、「知識」「能力」だけではなく、

 

なによりも「誠実」「礼儀」「愛嬌」などの人間力が大切になります。

 

お客様の心をつかみ、一人の人間としてお客様から評価される人が

 

トップスタイリストであり、善き職業人です。

 

人間力のある接客とは

 

「誠実で粘り強い熱意のある接客」です。

 

 

 

愛される最も簡単な方法は、自分から愛することだ。顧客、スタッフ、取引先と恋に落ち、彼らに対する仕事、理解、尊敬、感謝を通して彼らの生活をより良いものにしようと心から願うことが必要だ。byジェイエイブラハム

 

 

ぜひ自らの人間力を、伸ばし今日もファンになってくれるお客様を増やしましょう!

 

 

==============

 

 抑えているもの

 

==============

 

自分の良いところを抑えている

存在に気づこう。

 

その存在がわかれば対処できる。



 

親愛なるスマイラーの皆様へ

「よく学び、よく遊び、いつも感動」


「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。」 BYアルベルト・アインシュタイン

 4月からのスマイルグループ2106年度のスローガンと基本方針を決めさせていただきましたので、

覚えていただけると嬉しいです。


2016年度スローガンは

「よく学び、よく遊び、いつも感動」

~嘘でも元気!元気があれば何でもできる!~


]


2016年度は、スマイルのオンリーワンの魅力である「勉強好き」「仲の良さ」「フレンドリー接客」を磨き、特化させ【スマイルらしさ】【スマイルブランド】を確立していきます。










『よく学び』・・・学び続ける人ほど、自分の無知に気づき謙虚になり更に学び、成長します。

逆に今の自分に満足し学ぶことをやめた人は、傲慢さを身につけ、傷つくつくことを恐れ自分に敢えて無自覚に生きます。

学び続けることによって、「気づき」があり「反省」がありますが、「自分はできている」と思った瞬間から「気づき」がなくなり、人は本当の意味で学ばなくなるといいます。

今の自分に安住している人は、自分の価値や可能性をディスカウントしていますし、自分の価値や可能性を認めない人は、知らず知らずに他人の価値、未来もディスカウントします。

人間はすべての人が、素晴らしい価値と可能性を持っています。自分の価値、可能性に気づくには、自ら積極的に学び続けることが必要です。その為には、環境も大きく影響します。学び続ける「幸せな人財」を生み出す社風が重要です。

スタッフ一人ひとりが積極的に学ぶ姿勢を持つことで社風は変わります。ぜひ皆さんの力でスマイルを学び続ける会社にしていきましょう!!




『よく遊び』・・・スタッフ同士の接点を増やしお互いを認めあえる家族のような仲間づくりをします。

具体的には毎月最終月曜日は、「仲良しDAY」と決めて、スタッフ全員で遊びます!遊びの中からもお互いの魅力を見つけます。仕事の愉しみは人間関係が大きなウエイトを占めます。自分からたくさんの人と仲良くなれる、認められる能力を遊びの中からも身につけましょう!






感動できるという能力、つまり自分が楽器だとすると、その楽器をどれくらい大きく鳴らせるか――人と会って大切な話をしているとき、あるいは、何か心動かされる物事と向き合っているとき、人生の大事な局面に佇んでいるとき、自分という楽器をどのくらい大きな音で鳴らせるか――、そのことで、人間の器は決まるのです。

 小さくしか鳴らせない人は、小さな人になってしまうのです

大きく共鳴できる人は、大きな人になるのです。 BY 茂木健一郎







『いつも感動』・・・顧客満足の最上は「顧客感動」です。「誠実」で「粘り強く」「熱意」がある「マメな接客」が感動を呼びます。

Smile営業理念」を全スタッフに理解していただき「何のために売上を上げるのか?」という共通の価値観を持ち、全スタッフが「お客様の為なら何でもする、お角様の喜ぶことなら何でもする」という営業マインドを持ち顧客感動を全員で一致団結して目指します! 


ぜひ2016年度スローガンを全員で共有し、世の中に「価値」を与え続ける、全員が最高の人生を送れる会社づくりに挑戦しましょう!!



2016年3月31日  篠原感謝和隆

スタッフ数   46人(スタッフ100名まで残り54名)

夢野店8人  住吉店8人 アンベリール13人 アンジェ8人 六甲店4人 アルプス店4人 オフィス1

 平成28年3月15日(火曜日)

 

 

 

おはようございます!!

 

昨日はサロンワーク、出張カットそして検定お疲れさまです!!

 

平井力斗大先生!!!合格おめでとーーー!さすがビッグマウス!!!

 

今後も大飛躍を期待しています!!!

 

 

【自力集客で顧客の創造(1年半同時デビュー)

 

事業の目的は顧客の創造であることは、再三お伝させていただいていますが、

 

顧客を増やすために1番の方法は、紹介や口コミです。

 

 

『紹介』をしてもらうためには、信頼を得る必要があり

 

その人自身の人生や仕事に向かう「態度」が重要です。

 

本当に仕事に対して「学ぶ」「与える」という価値観で向き合っている人は、紹介したくなるものです。

 

「態度」

長く生きれば生きるほど、「態度」というものが持つ、人生にとっての影響の大きさを益々思い知らされる。

私にとって、「態度」は事実よりも重要である。

過去や学歴、お金、環境、失敗、成功、他人が何かを思ったり、言ったり、したりするよりも大切なのだ。

外見、才能、技術、よりも大事である。

会社や組織、家庭を作ったり、壊したりもする。

忘れてはならないのは、我々は、毎日、その日に採る「態度」を選べるということ。

我々は、過去を変える事は出来ない。

周囲の人たちがお決まりの行動をとるという事実も変えられない。

必然も変えられない。

変えられるものが一つだけある。

それは我々自身の態度である…

人生とは、10%が自分の身に起こる事で、90%がそれに対して自分がどう反応するかで決まる。

あなたにとっても同じ…。

我々は自分の態度を自分で決める事が出来るのである。

By チャールズ・スウィンドル

 

 

 

口コミを得るためには、その人の「タレント性」が重要です。

 

ビジネスの成長には何よりも『賢くて、魅力があり、モチベーションの高い人財』が必要であるといいます。

 

今後、お客様から選ばれ続けるにはその人の人間的魅力が重要です。

 

技術力は人間的魅力のほんの一部であり、

 

技術の上手さと業績は比例していないのが今の現実です。

 

ですので、自分たちが

 

「技術が上手い人が豊かな生活をするのではなく、人を引きつけて止まない「タレント性」が豊かな生活をもたら

す」

 

という発想の転換が大事です。

 

検定合格したからスタイリストであるという時代は終わり、

 

たくさんのお客様から支持されたからスタイリストであるという「意識変革」をする必要があります。

 

自分の強みを磨き、その強みで『お役に立つ』ことで自分の「個性」という武器になり、「タレント性」が生まれます。

 

ぜひ自分の価値を見つけ磨く努力をしていきましょう!!

 

義理でアイデアウィルス(口コミ)を広めてくれる人はいない。素晴らしく、思考を刺激し、重要で、利益になって、面白く、恐ろしく、美しいから広めているのだ。今日の「トップ総取り」の世界では、同じことをやっていては勝ち目がない。人を引きつけてやまないものでなければアイデアウィルスには決してならない。【BYセス・ゴーディン。アメリカの起業家、講演家】

 

 

では今日も元気に頑張りましょう!!!

 

==============

 

 努力と評価

 

==============

 

評価は人がすること。

 

でも、努力するのは自分。

 

 

  平成28年3月7日(月曜日)

 

おはようございます

 

毎日読んでいただき感謝です!!

 

引き続き2016年度の基本方針を発表します。

 

基本方針

一、 神戸一仲の良いサロンづくり(強い絆づくり)

一、学び続ける社風づくり(すべてのものから学ぶ人間力)

一、 真実の瞬間(誠実で粘り強い熱意のある接客)

一、 (ドントフォーゲットカミングスーン)

一、  自力集客で顧客の創造(1年半同時デビュー)

 

 

 

(ドントフォーゲットカミングスーン)】

 

少子高齢化、人口減少の社会状況の上に、

 

美容室の数は現在約20万軒の半分が丁度よいと言われています。

 

明らかな供給過多で、新しいお客様を集めるのは困難な時代です。

 

今後の美容室戦略で重要なことは、

 

今来てもらっているお客様をもっと満足させること

 

カットだけでなく、美と健康に係わる欲求を

 

今よりも幅広く、スマイルで満たしていただくことです。

 

その為には今よりも自分たちが、マツエク、ネイル、メイクなどの付加価値技術、

 

オシャレや健康知識などを身につけて、

 

スマイルに来店する新しい価値を感じてもらうことが必要です。

 

結果的に1年間にご来店いただく回数が増えることになり、

 

顧客接点が増えれば、増えるほど

 

お客様との関係性ももっと親密になり、

 

スマイルのファン客になっていただけるはずです。

 

お客様との関係が良くなれば、私たちの仕事はますます楽しくなります。

 

そしてサロンの空気も増々良くなるでしょう!

 

結果的に業績の向上し、ますますサービスに投資ができる良い循環が生まれます。

 

今年度の大きな課題である

 

『顧客接点【POC(ポイントオブコンタクト)】を増やすこと』

 

その為には1日でも早く、1回でも多く来店していただくこと

 

そこから集中して始めていきましょう!!

 

 

今日はサロンワーク&出張カットよろしくお願いします!

 

 

 

==============

 

 人生は・・・

 

==============

 

人生は思い通りにはいかないもの。

 

そう思っていた方が、前向きになれます。

どんなことがあってもくじけません。

 

思い通りにいかなくて、当たり前なんです。

だから努力しようとするのです。

 

うまくいけば、感謝、感謝、ありがとう。

 

平成28年3月13日(日曜日)

おはようございます

 

昨日は遅くまで会議ありがとうございます

 

引き続き2016年度の基本方針を発表します。

 

基本方針

一、 神戸一仲の良いサロンづくり(強い絆づくり)

一、学び続ける社風づくり(すべてのものから学ぶ人間力)

一、真実の瞬間(誠実で粘り強い熱意のある接客)

一、来店周期90(ドントフォーゲットカミングスーン)

一、自力集客で顧客の創造(1年半同時デビュー)

 

 

真実の瞬間(誠実で粘り強い熱意のある接客)

 

「スカンジナビア航空再建のための戦略は他に例をみないものだった。我々は、一つの項目を100%改善するかわりに100の項目を1%ずつ改善していくことにした。」

      スカンジナビア航空:ヤン・カールソン著「真実の瞬間」より

 

 

事業の目的は顧客の創造であり、顧客の創造の為には顧客感動が重要です。

 

その為には社内に営業理念を浸透させて「真実の瞬間」を大切にします。

 

真実の瞬間とは、お客様にかかわるすべてと瞬間のことをいいます。

 

マーケティングでは「消費行動における重要な顧客接点」といい

 

電話対応、受付、カウンセリング、シャンプー、お会計、お見送り、アフターフォローetc

 

すべての場面での顧客接点を言います。

 

顧客と接する約15秒という時間で他の会社と異なるブランド体験を提供できれば、明確に差別化できます。

 

その15秒が「真実の瞬間」であり「スマイルを選んでよかった」と感じていただく絶好のチャンスです。

 

お客様との顧客接点(POCポイントオブコンタクト)で、自分たちのオリジナルのサービス、言葉、態度でお客様に感動を与え続けることこそが差別化になります。

 

お客様と触れ合うすべての場面で、スマイルのこだわりを創っていきましょう!!

 

その為にも、「ABCサービス」

【誠実なアフターサービス・粘り強いビフォアサービス・お客様の身になって熱意のあるコンサルティングサービス】が重要です。

 

誠実、粘り強さ、熱意を持ったサービスでスマイルしかできないこだわりの「真実の瞬間」をたくさん作ることで、いつも感動の溢れるサロンを目指しましょう!!

 

そして5マメで、たくさんの顧客接点を増やし、

 

お客様をSmileの信者にすることが「顧客創造」です。

 

 

 

 

==============

 

 失敗を活かす

 

==============

 

失敗は次の成功の資源。

 

意味ある失敗にするか、

ただの失敗に終わらせるか。

 

それは自分次第。

  平成28年3月12日(土曜日)

 

おはようございます

 

昨日もサロンワーク&遅くまで会議トレーニングお疲れさまです。

 

引き続き2016年度の基本方針を発表します。

 

基本方針

一、 神戸一仲の良いサロンづくり(強い絆づくり)

一、学び続ける社風づくり(すべてのものから学ぶ人間力)

一、真実の瞬間(誠実で粘り強い熱意のある接客)

一、来店周期90(ドントフォーゲットカミングスーン)

一、自力集客で顧客の創造(1年半同時デビュー)

 

 

【学び続ける社風づくり(すべてのものから学ぶ人間力)

 

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。   BYアルベルト・アインシュタイン

 

学び続ける人ほど、自分の無知に気づき謙虚になり

 

更に学び、成長します。

 

逆に今の自分に満足し学ぶことをやめた人は、

 

傲慢さを身につけ、傷つくつくことを恐れ自分に敢えて無自覚に生きます。

 

学び続けることによって、「気づき」があり「反省」があります。

 

「自分は人より多くを知っている」

 

「自分はできているが周りはできていない」

 

「自分の考えこそが正しい」

 

と思った瞬間から気づきがなくなり、

 

学ばなくなるといいます。

 

今の自分に安住している人は、

 

自分の価値や可能性をディスカウントしていますし、

 

自分の価値や可能性を認めない人は、

 

他人の価値、未来もディスカウントします。

 

「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」福沢諭吉

(賢人と愚人との違いは、学ぶか学ばないかによって決まる)

 

 

人間はすべての人が、素晴らしい価値と可能性を持っています。

 

しかし自分の素晴らしい価値と可能性に気づかずに生きている人も多くいます。

 

自分の価値、可能性に気づくには、

 

自ら積極的に学び続けることが必要です

 

その為には、環境も大きく影響します。

 

学び続ける「幸せな人財」を生み出す社風が重要です。

 

スタッフ一人ひとりが積極的に学ぶ姿勢を持つことで

 

社風は変わります。

 

ぜひ皆さんの力でスマイルを学び続ける会社にしていきましょう!!

 

そして謙虚さを忘れず、どんな良い事悪い事からも学び、

 

 

誰からも学べる自分づくりをしていきましょう!!

 

 

 

===========

 

 他人は自分の鏡

 

==============

 

他人の嫌な部分が気になるのは

自分にも同じ嫌なところがあるから。

 

他人に良い所が見えたら、

自分にもその良い所があるのです。

 

他人は自分の鏡。

 

平成28年3月11日(金曜日)

 

 

 

おはようございます

 

日々のサロンワークお疲れさまです。

 

2016年度の基本方針も決定しましたので発表します。

 

基本方針

一、 神戸一仲の良いサロンづくり(強い絆づくり)

一、学び続ける社風づくり(すべてのものから学ぶ人間力)

一、真実の瞬間(誠実で粘り強い熱意のある接客)

一、来店周期90(ドントフォーゲットカミングスーン)

一、自力集客で顧客の創造(1年半同時デビュー)

 

【神戸一仲の良いサロンづくり(強い絆づくり)】

 

スマイルの「強みを磨く」といえばまず

 

「仲が良い」ことになります。

 

スマイルのスタッフ同士の仲の良さは

 

長年のうちに創られた「企業文化」でもあります。

 

しかしスタッフ人数が増えるほど、

 

かかわりが少ない人もできてきます。

 

人は人間関係によって成長するものです。それが例え気の合わない相手であっても、そこに何かの意味があり、何か越えなければいけないものが潜んでいるかもしれません。

また社会性の観点から言えば人間関係を円滑に進めることほど重要なものはありません

 

 

人間関係を良くする第一の方法は

 

相手のことを知ることであり、

 

人間関係のトラブルの原因は、ほとんどが

 

コミュニケーション不足であるといいます。

 

その為2016年度は、毎月最終月曜日を

 

「仲良しDAY」と決めて、全員参加で

 

よく遊び、良く学びます。

 

そしてお互いを知ることで、

 

さらに強い絆をつくること

 

色んなタイプの人間の良さを見つけることのできる自分づくりを目指します。

 

人間関係は何よりも「自分が源」です

 

「仲良しDAY」を通して

 

今までにない相手の良さを見つけることで自己成長に繋げていければと思います。

 

そして、サロンワークにおいては

 

スタッフ同士の仲の良いやり取りはお客に安心感と爽快感を与えます

 

ぜひたくさんの人と良い人間関係を気づける自分をつくりましょう!

 

人生の幸せの90%以上の要素を占めるのは

 

人間関係であり

 

そしてその原因はすべて

 

自分です

 

仲良しDAYを通して

 

スタッフ全員が自己成長できることが

 

何よりの目的です!

 

人を信頼しなさい。そうすれば人はあなたに正直になるだろう。素晴らしい人物として接しなさい。そうすれば素晴らしさを示してくれるだろう     エマーソン

 

 

=============

 

 最善にする

 

==============

 

あっちにすれば良かった。

いや、こっちが良かった。

 

どちらがいいかはわかりません。

選んだ方を最善にすると決めましょう。

 

 

 

平成28年3月10日(木曜日)

 

おはようございます

 

昨日もサロンワーク、ヘルプ、会議も遅くまでありがとうございます!!



昨日の続きです

 

2016年度スローガンは

よく、よく遊び、いつも感動

 

2016年度スローガンのサブテーマは

 

~嘘でも元気!元気があれば何でもできる!~

 

 

2016年度は、スマイルのオンリーワンの魅力である

 

「仲の良さ」「勉強好き」「フレンドリー接客」を磨き、特化させ

 

【スマイルらしさ】【スマイルブランド】を確立していきます。

 

「神戸一仲の良いサロン」


「神戸一学び続けるサロン」


 

そして「神戸一フレンドリーな接客のサロン」


 

二〇一六年度スマイルは、「誠実」で「粘り強く」「熱意」がある


 

「マメな接客」を強化します。


 

顧客接点を増やしお客様との距離をより近づけます。


 

その為のベースとなる、


 

「お役立ち精神」を文章化した


 

Smile営業理念」を全スタッフに理解していただき


 

何のために売上を上げるのか?


 

何のために利益を出すのか?


 

何のために商品を販売するのか?という


 

共通の価値観、企業哲学、企業文化を創り


 

顧客感動をつくります。

 

 

 

【企業哲学の違いに尽きる。

儲かりそうだからやるのか、

「一杯のコーヒーを通じて安らぎと活力を提供したい」

と心から願ってやるのか。

その違いは必ずどこかに表れてくる。

コーヒーの味の差であり、

店舗の魅力の差であり、

接客態度の差だ。

お客さまにはそうした違いを

敏感にかぎ分ける臭覚がある。】 

BY鳥羽博道(ドトール創業者)

 

 

全スタッフが営業マインドを持ち、

 

【営業マインド】・・・商品の質、サービスの質、売り方の質を高める」という意識、全社員がお客様に目を向け、お客様の顔を見て仕事をする、お客様の為なら何でもする、お角様の喜ぶことなら何でもする。とにかく心から奉仕をしていく精神

 

 

お客様との一瞬一瞬のコンタクト(顧客接点)を大切にして

 

顧客の声に耳を傾け、

 

顧客目線でカイゼンを繰り返します。

 

そして顧客感動を全員で一致団結して目指します!

 

 

【成功したアイデアの出発点になるのは、

つねに顧客接点です。

セールスドライバーは日々

お客様のクレームや不満をうかがうわけですが、

クレームや不満はひっくり返せば

お客様の要望であり、

お客様のニーズの変化であり、

いわば

「顕在化しつつある潜在的なニーズ」です。

これを丁寧に吸い上げて

新しいサービスにつなげていく。

これが、

ヤマトの伝統的なビジネスモデルなのです。】

BY山内雅喜ヤマト運輸社長。

 

 

そして!

全員が最高の人生を送れる会社づくりに挑戦しましょうねっ!!

 

 

 

 

==============

 

 成長した自分

 

==============

 

過去の自分と比べて成長したところは

どこですか?

 

出来ないことより、出来ることを見よう。

 

  平成28年3月9日(水曜日)

 

おはようございます!

 

日々のサロンワークありがとうございます!!

 

4月からのスマイルグループ2106年度のスローガンと基本方針を決めさせていただきましたので、

 

覚えていただけると嬉しいです。

 

2016年度スローガンは

よく、よく遊び、いつも感動

 

2016年度スローガンのサブテーマは

 Pageqqe0001

~嘘でも元気!元気があれば何でもできる!~

 

 

としました。

 

 

2016年度は、スマイルのオンリーワンの魅力である

 

「仲の良さ」「勉強好き」「フレンドリー接客」を磨き、特化させ

 

【スマイルらしさ】【スマイルブランド】を確立していきます。

 

その為には、スタッフ同士の接点を増やし

 

お互いを認めあえる家族のような仲間づくりをします。

 

その為に毎月最終月曜日は、「仲良しDAY」と決めて、

 

親族の冠婚葬祭以外は、欠席禁止でスタッフ全員で遊びます!

 

遊びの中からもお互いの魅力を見つけましょう!

 

仕事の愉しみでは人間関係が大きなウエイトを占めます。

 

自分からたくさんの人と仲良くなれる、認められる能力を

 

遊びから身につけましょう!

 

 

王陽明と良知

「人間は誰しもが素晴らしい潜在能力を持って生まれ、それを磨きさえすれば必ず良知にいたるのだ」

(良知・・・人が生まれながらにもっている、是非・善悪を誤らない正しい知恵。)

 

 

そして学び続けることで、謙虚さを身につけ、

 

自分の足らざるを知ることで、さらに学び

 

自分の素晴らしい価値に気づきます。

 

自分の魅力を発見すると、自信が出るので

 

さらに人間関係も良好になります。

 

自分を知る、自分の価値を知ることは人生の大きなテーマです。

 

 

また明日も続きを送ります!!

 

今日も周りを幸せにする仕事を頑張りましょう!!

 

 

==============

 

 ちょっとした勇気

 

==============

 

誰に気づかれなくてもいい。

 

ちょっと勇気をだして

行動を変えてみよう。

↑このページのトップヘ