読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

タグ:その意味では

『一%の素敵な人に出会いたいならば、一〇〇%の人々と積極的に会うべきである。』


できる人の共通した特徴の一つは、人的ネットワークが広くかつ深いという点である。

 つまり、その人のことを自分のことのように考え、心配してくれる人が普通の人の五倍、十倍、いや百倍も存在しているのだ。
 その意味では、近年の人財力格差は人的ネットワーク格差といっても過言ではない。こうした人的ネットワークを拡大するためには、どうすればよいか?

 それは、努力して可能な限り多くの人に会い、対応することである。
 一〇〇人に会えば、その中の一人、あるいは二人は、自分にとってとてつもない価値をもたらしてくれたり、生涯の良き仲間となる人だったりする。そういう人が、必ず存在する。
 
 本当に素敵な一%の人には、一〇〇%の人々に会わなければ出会うことは出来ない。


坂本光司



「企業経営の成否は、すべてトップにかかっている。使命と責任が果たせない経営者は、潔く退出すべきである。」


企業経営の成否は、すべて経営トップにかかっている。経営者の経営の考え方、進め方で、企業の業績はどうにでもなるからである。


その意味では、企業の使命と責任が果たせない企業経営者は、社員のリストラではなく、自らをリストラすべきであろう。


しかし現実には、企業経営の失敗のつけの大半は、下請け企業や社員が負う。そして最大・最高を追うべき経営者は、そのイスにとどまっている。こうした企業経営者を賛美する人が、社内外にいるはずがない。


経営者が退出する時期は、3年連続赤字経営になった場合であろう。それが社員と社会の我慢の限界である。


坂本光司




内観4 (2)

↑このページのトップヘ