読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

タグ:坂本光司





 経済社会のボーダレス化、グローバル化の進行のなかで、わが国の未来を決する産業は、これまでの中核的産業である工業ではなく、農業である。


 中国やインドなど、アジアの国々の工業の実態を見れば見るほど、工業は間違いなくアジアにシフトすると思えるからだ。わが国に今後とも残る工業は、海外ではどうしてもできない・やれない、新しい価値創造分野に限られるのは必然である。
 では、わが国の未来はどの産業が握っているのか?その重要な一つが、数年前まで衰退の一途であった農業だ。
 アジアの各国を視察すると、世界で最も安全度・安心度の高い、かつ高品質のわが国の農産物に対する人々の関心はことのほか強いことが実感される。
 食糧危機も迫っている。自給率を高め、食の安全を守る一方で、農業を国の産業の柱としていけるかどうかで、この国の将来が決まってくる。

坂本光司



『誰かの犠牲の上に成り立っているビジネスモデルが、正しいはずがない。』


企業経営とは、企業にかかわりのあるすべての人々の英英の幸せを実現するための活動である。したがって経営者・リーダーは、このことを肝に銘じ、リーダーシップを発揮すべきである。
 しかし現実は、社員や下請け企業、顧客や地域住民の犠牲の上に成り立っているような企業が多い。偽物の経営者やリーダーが多すぎるのだ。
 一般社員や契約社員への冷たいリストラ、縁の下の力持ち的存在でもある下請け企業への理不尽な大幅コストダウン要求などがその表れである。
 こうした、正しくない経営が長続きするはずがない。
坂本光司
SKM_C22718020413560



【経営者・管理者の最大の使命は、部下を管理(マネージ)することではなく、フェロー(メンバー。仲間)をリード・支援することである。】


「経営者や管理者の最大の使命の一つは、部下を管理すること」と。勝手に解釈している人がいる。



しかし、経営者や管理者の最大の使命の一つは、部下のフェロー(メンバー、仲間)たちをリード、支援し続けることだ。フェローたちに、1日でも早く自分を超えさせることである。

 そしてフェローたちが成長したら、邪魔にならないようにすることも重要だ。

 だが現実には管理者の仕事を、名の通り「管理する、手の平に乗せること」と、勘違いし、その手から飛び立ちたいフェローをかごに閉じ込め、殺してしまっている経営者、管理者が極めて多い。

「経営者、管理者だから」と、張り切りすぎることはない。あなたの使命はフェローたちが働きやすく、それぞれが力を出しやすく、成果が生まれやすい環境を用意することなのだ。

坂本光司







↑このページのトップヘ