読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

タグ:学び続ける社風

 

 平成28年9月16日(金曜日)

 

おはようございます!!

 

毎日のサロンワークありがとうございます!!

 

【明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は

① 自分で自分の面倒がみられること

② 下(部下)のマネジメントではなくて、上(上司)のマネジメントをすること

③ 経営の基本を広く着実に身につけること

byピーター・ドラッカー/経営学者】

 

 

 

「今の時代こそ活動的考察と戦略思考(顧客志向、遠くを計る)を持て」と言われます。

 

社長、幹部、社員さんが一致団結して自分のするべき仕事をすることを、「三位一体経営」それを、「ありがとう経営」「増収増益経営」と呼びます。

 

社長力【経営力】

1、       将来のビジョンや自社の目的、使命を明確に構築し社内に浸透させる力

2、       外部環境の変化の中から自社成長の機会を発見しその機会を最大限生かせる力

3、       自社を取り巻く脅威を発見し、その脅威を機会に転じさせる力

(変化には二つの側面がある。機会発見強化。脅威認識改善)

 

管理力【組織力】

1、       社長を補佐し、将来のビジョン実現のために経営資源を最大限活用する力

2、       計画立案力に優れ素早い行動力と明確な進捗管理能力を持ち、顧客ニーズに合わせた経営革新の仕組みを作り上げる力(企画書)

3、       経営資源の中で最も大切な部下を動機づけし、指導育成する力

 

現場力【改善力】

1、       サービス提供者としてお客様の満足をつくり出す力

2、       正確に早く効果的、効率的に仕事をする力

3、       お客様の情報を収集し、会社に対して改善提案ができる力

 

 

経営品質を一言で言うと

経営の社会的価値を問う といえます。

企業の価値は製品やサービスのみではありません。企業活動の全てが顧客にとって、本当の意味での価値あるものであることが問われます。それも絶えず世の中の変化に対応して改善が為されることが求められます。また、企業が社会から尊敬される存在であることも、経営品質の中で重要な意味を持つようになって来ています。by[江崎昌男]

 

 

会社で働く人、全員がそれぞれの立場での役割を全力で、そして本気で取り組むことが求められています。

 

本気で取り組む習慣があれば、少々の苦労は苦労でなくなると言われます。

 

変化の激しく、成果の上がりにくい時代ですが、どんな苦境も苦労と感じずに自分のやるべき仕事をやり遂げる、そんな人財になり、良い組織をつくりましょう!

 

そしてたくさんの苦難、困難から学び自己成長できる会社にしていきましょう!!

 

その為に、今日も目の前のスタッフ、お客様のスマイルをつくることに全力を尽くしましょうね!!

 

 

==============

 

 人のせいにしない

 

==============

 

人のせいにしたところで、何も変わらない。

 

その時間があったら、

自分にできることはないか考えよう。

 

問題を引き受ける勇気が

問題を解決に近づけます。





  平成28年7月20日(水曜日)

 

おはようございます!

 

昨日も「THE目標設定」セミナーにいかせていただきありがとうございます!!!

 

夜もBNIミーティングで学びの多い1日でした。感謝!

 

 

 

近くを見るから船酔いするんです。100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。苦しいときこそ、船と仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になってはいかんのです。試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。by孫正義

 

 

目標は高ければ高いほど成長を伴いますが、

 

法則があるようです。

 

魅力的(必要性)×可能性+具体的=目標

 

魅力的な目標とは、「やりたいこと」・・・自分の意思で決めた数値

 

かつ必要性は「やるねばならないこと」・・・達成することで周りを喜ばせることができる

 

可能性とは、「やれそうなこと」・・・安全圏ではなく、実現困難でもない、できたらうれしくできなければ悔しい「やりがいの領域」

 

具体的とは「5WH」・・・・WHY「なぜ」、WHEN「いつ」、WHO「誰が」、WHAT「なにを」、WHERE「どこで」、HOWTO「どのように」、HOWMACH「いくら」

 

 

ドーパミン分泌を促すためには、簡単には手が届かないが、頑張れば達成できそうな目標を掲げ、それをクリアしていくことです。簡単に達成できそうな目標だと、「達成感」を味わうことはできません。それは「快感」ではないのです。「快感」を味わうことで、ドンドン「やる気」が出てきます。

過剰なストレス、過小なストレスはパフォーマンスを下げる。適度なストレスを与えることによって「やる気」は促進されるのです。BY横山信弘

 

 

1流のスポーツ選手は目標設定に30%、イメージ思考に40%、仕事の実行に30%のウエイトを置き、

 

並みの選手は、目標設定に20%、イメージ思考に10%、仕事の実行に70%を費やすといいます。

 

PDCAサイクルの成功は、PLAN(計画)が90%であるともいい、

 

「準備8割本番2割」という考え方が大切だと、ビジネスで成功している人は、この言葉を実践しているようです。

 

自分が成長できる目標を、肯定的に前向きに具体的に設定することは、

 

仕事においても人生においてもとても重要です!!

 

毎月、毎週、毎日の自分の目標を明確にして

 

やりがいのある毎日を自分でつくりましょう!!

 

 

 

 

==============

 

 迷ったときはやる!

 

==============

 

前向きな自分と後ろ向きな自分が

共存しているときに迷う。

 

前向きな自分を尊重しよう。

 

迷ったときはやる!

 







 

−−−−−−−−−−−−−−

可能思考研修の日程はこちらです。

  http://bit.ly/kano-shikou

−−−−−−−−−−−−−−




  平成28年7月8日(金曜日)

 

昨日もサロンワークありがとうございます!!

 

先日に引き続き、マネジメントセミナー6か月で学ばせていただきました。

 

 

 

【会議を成果あるものにするには、会議の冒頭に、会議の目的と果たすべき貢献を明らかにしなければならない。

 

そして会議をその目的に沿って進めなければならない。

 

特定の目的のある会議を、

 

だれもが勝手に素晴らしいアイデアを言い合う自由討議の場としてはならない。by- ピーター・ドラッカー -

 

 

 

「会議の質が会社の質を決定している」と言われます。

 

1、「その会議は、どのような議案やテーマで行われているのか??」

 

会議の目的が不明確であったり、結論が出ない会議は良い会議とは言えません

 

また解決策や、達成案が5W2Hで出なくては、決定したとは言えません。

 

2、「その会議に、どんな意識を持って参加しているか??」

 

無関心の人が一人でもいれば、その会議の質は大きく落ちます。

 

参加者全員が[自分の考え、アイディア、データー]を準備しているのかが重要であるといいます。

 

ましてや「やらされ感」で参加している人は仕事をしているとは言えません。

 

 

三人寄れば文殊の知恵という言葉があるように、

 

多くの人が集まるほどたくさんの良い意見やアイディアが出るので、

 

組織運営において会議は重要です。

 

会議が少なすぎると、現代のスピードの時代に意思決定が遅れるともいわれます。

 

会議は、会社の発展にとって必要であり、全員でつくるものです。

 

サロンワークだけでは、今は良くても、1年後2年後により良い会社、顧客満足は創れません。

 

ぜひ[自由に意見が言い合える社風]をつくり、良い会議を創り

 

そして全員で良い会社を創りましょう!!

 

 

 

【忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは驚くほどである。

 

なすべきことは、自分自身、自らの組織、他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。by- ピーター・ドラッカー -

 

 

==============

 

 偶然はない

 

==============

 

目の前で起こっていることが

偶然でないと考えよう。

 

何かを変えるきっかけにできる。







 

  平成28年6月27日(月曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日は決起大会ありがとうございました。

 

7月に向けて、良い習慣を身に着けていきましょう

 

昨日の小西さんの話していた

 

SPIN話法とは

 

・状況質問 Situation Questions

・問題質問 Problem Questions 

・示唆質問 Implication Questions

・解決質問 Need-payoff Questions

 

の4つの頭文字を取ってSPIN法と名づけられてます。

 

この話法は、顧客の立場にたって提案するために、

 

論理的にお客様の潜在ニーズを顕在化させることができるのです。

 

 

Situation Questions(状況質問)相手の現状を的確に把握するための質問。

 

自社の商品に直結する質問ではなく、とにかく話し手や、お客様の状況(現在過去未来)を知るための質問を行うこと。とくに、相手個人に興味関心を持ち、質問を深ぼっていくと、課題解決する際に、説得力が変わってくる。

 

Problem Questions(問題質問)どのような不満や問題を抱えているかを聞き出す質問。ポイントはクローズドクエスチョンで質問を行うことだ。

この時、「何か困っていることはありませんか?」といったようなオープンクエスチョンは相手が答えにくい。状況質問で得た情報を元に、相手が困っていそうなことに関して仮説を立て、「こんなことに困っていませんか?」といったようなクローズクエスチョンで質問するよう心がける。

また、相手の「不」を探すことに注力しても、やりやすい。不満・不平・不安・不良・不足・不信などは、ニーズに直結しやすい。

 

Implication Questions(示唆質問)それが、どんなに深刻な問題なのか、あるいはそれを解決するとどれだけ良い未来につながるのか、それをあぶりだす質問。

問題質問の流れのまま、それを深堀すれば、それが示唆質問になる。

 

Need-payoff Questions(解決質問)解決するために何をすべきなのかを、顧客に話してもらう質問。

状況・問題・示唆質問で明らかとなった問題に対して、顧客自身が潜在化されていたニーズを顕在化させ、自ら課題解決への道に積極的的になってもらうための質問だ。

 

この解決の言葉を顧客が口にするまえに、商品提案の話をしてはいけない。

 

顧客にとって、より良い未来はなんなのか、真剣に一緒になって考えてこそ、顧客ニーズは完全に顕在化される。

 

とのことです!

 

ぜひご参考に!!

 

よいサロンワークをしましょうね!!!

 

==============

 

 チャンス

 

==============

 

目の前にチャンスがあるのに

「後からやろう!」では

機会を逃してしまいます。

 

チャンスが目の前に来たら、

すぐにつかめるように

準備をしておきましょう。




  平成28年5月27日(金曜日)

 

昨日も業績アップセミナーに行かせていただきありがとうございます!!

 

PDCAで大切なこと

 

 

PDCAとは計画、実行、評価、改善、これを別の言葉で言うと

PDCAとは決める やる ふり返る よくする、ということです

 

PDCAサイクルで重要なことは、PDCAサイクルを早く、何度も回すことです

PDCAサイクルを毎日、毎週、毎月、毎年クルクルとまわし続けることが改善となり人の成長になるのです

 

例えば、PDCAサイクルが1年に1回では遅すぎます

売上目標が達成したかを1年後に知っても手の打ちようがないからです

 

そうではなく、PDCAサイクルを「毎日」まわすことです

今日の目標を設定し、実行する、それができたかをふり返り、「毎日」改善する

 

高速でPDCAサイクルを回すからこそ「毎日」少しずつ良くなっていくのです

PDCAで大切なことは、毎日、小さく、高速でサイクルを回すことです

 

 

人財育成に必要なのは「やる気」をだしてもらい「やり方」を覚え、「やる場」を与えることであると言います。

 

やる気・・・可能思考能力を身につけ、熱意と情熱をもって仕事に取り組む

やり方・・・仕事の能力=PDCAサイクルを正しく回せるようになること

やる場・・・権限を与えて実践させる。

 

先日お話をお聞きした大阪のAサロンは、毎年増収増益を続けている素晴らしい企業です。

 

特に女性が多い企業で6店舗の規模で女性が51名で男性が7名であると言います。

 

そして、成功している要因は、

 

美容師が、特に女性が苦手と言われている、PDCAサイクルを全社員さんで回せるようになったからであると言います。

 

PDCAサイクルを回すことで

 

1、客数がUPし続けています

・次回予約比率が20%45%になり再来率が上がった。

・平均来店サイクルが年3.3回4.5回になった。(カウンセリングを変えた。施術中に次回提案、アフターカウンセリングで次回のおすすめの日時を提案することで(次回来る理由ができる))

 

2、毎年新メニュー開発

過去5年間で10個の新メニュー誕生

客単価が750円アップした。

 

3、新卒採用が安定した

求人に対しての年間の計画をPDCAで回し始めてから、毎年平均10名の採用ができている。(全国平均0.1人)

 

 

10年間をかけて、会社全体にPDCAサイクルを回す習慣ができることで、大きな成果を得たと言います。

 

PDCAサイクルを回す力=仕事の能力

 

当社もAサロンのような良い企業を目指し、「やる気」「やり方」「やり場」を与えれる

 

人財育成をしていきましょう!

 

 

 

 

==============

 

 成長のチャンス

 

==============

 

無理かもしれないと思ったときが

成長のチャンス。

 

自分の限界を広げる絶好の機会。

 


  平成28年5月26日(木曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日は業績アップセミナーに行かせていただきありがとうございます。

 

昨日もたくさんの新しい異業種の方との出会いに刺激をいただきました。

 

プロジェクトマネジメントと言うと、いかにメンバーに働いてもらうかを考えがちです。でも、プロジェクトには、必ずオーナーがいます。予算をつけるなど権限を持っているのは、オーナーである上司です。そのオーナーをどうマネジメントするかにかかっています。上司とゴールを共有することに労力の半分以上を費やすべきです。by三木雄信

 

素晴らしい計画を立てても、必ず素晴らしい成果を得るとは限らない、

 

逆に計画は陳腐でも、成果を出す会社は存在する。

 

その違いは、計画を全社員で共有出来ているのかが重要であると言います。

 

良い会社はチームワークに必要な7つの共有ができていると言います。

 

1、価値観の共有

2、理念の共有

3、目標の共有

4、情報の共有

5、成果の共有

6、問題、課題の共有

7、危機感の共有

 

上の方で決まったことをそのままメンバーに事務的に伝えるマネージャーは、

メンバーからの信頼と支持は得られない。

経営の方針や義務のルールは、マネージャー自身がまず自らのものとしなければならない。

そのためには、疑問などがあれば十分解決しておくこと。

その上で、自らの方針、考え方を交えて、メンバーに向かうことが大切である。

by江副 浩正

 

「全社の年度方針」を「各店の年度方針」へ、

 

さらにそれを「各店の月次方針」に落としこみ

 

全社員で回すことが、成果の出る【マネジメント】であると言います。

 

そして、その成果とは

 

「お客様満足」

 

「社風の向上」

 

「業績向上」

 

です。

 

その為には、計画を全員でつくり、共有し達成する風土

 

「みんなで考える風土」=「良い会社」をみんなでつくりましょう!

 

今日も善き一日を!!

 

 

==============

 

 受け容れる

 

==============

 

お客様や上司の考えは

まずは一旦受け容れよう。

 

良い方法はそれから探そう。

 

 

  平成28年5月25日(水曜日)

 

おはようございます!!

 

昨日もサロンワークありがとうございます!

 

 

「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。

なぜなら、一日一日が人生を形作るからだ。」

「一日一日が人生全体を形作るモザイクのかけらだからだよ。」ジム ローン

 

 

先日は、大阪にマネジメント養成プログラムの説明会に行ってきました。

 

マネジメントは【管理すること】というイメージが強いですが、

 

今回のマネジメントとは、【目的目標を達成させること】と定義し、

 

マネジメントサイクルと言われる、PDCAサイクルの正しい回し方を実践を通して学びます。

 

正しい回し方とは

 

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

 

Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う

 

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する

 

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、

 

螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(スパイラルアップ、spiral upさせて、

 

継続的に業務改善する。

 

1回目よりも2回目、さらに3回目のほうがレベルアップをしていることが正しいPDCAサイクルの回し方であると言います。

 

そのPDCAを回す実力こそが、「仕事の実力」であると言われます。

 

 

何を成し遂げたいのか、その目標が曖昧なままではPDCA(計画・実行・評価・改善)は上手く機能しません。目標を掲げたら、その目標をスタッフ全員と共有し、常に効果検証します。ここでの「常に」とは1週間ごとのようなスパンではなく、1時間ごとの超短期スパンです。

- 鈴木みゆき

 

 

さらにPDCAサイクルを回し続けるには、G(ゴール)=目的、目標を明確に持ち、

 

絶対に達成したいという決意が大事であると言います。

 

マネジメントの究極は【愛】である。

 

マネジメントが高まるとお客様満足が上がる業績が向上する社風が良くなる

 

つまりマネジメントは、お客様、社員さんの幸せを実現する仕組みづくりであると言われます。

 

ぜひ今年は、全員で正しいマネジメントサイクル【GPDCA】を回し、全員で幸せをつかみましょう!!

 

 

 

==============

 

 失敗の理由

 

==============

 

失敗の理由を自分以外に求めては

成長はしない。

 

自分のどこを改善すべきかを考えよう。


  平成28年5月24日(火曜日)

 

おはようございます!

 

昨日は営業後にお疲れのところメイク講習ありがとうございます。

 

今後はスタッフ全員がメイクを含めたトータルの仕事ができるようになり、

 

それがスマイルの売り物になることを目標にしていきます。

 

「自分の仕事を通じて将来、どういう人物になっていきたいのか。自分の生きていた証をいかに世に残すのか。そんなことを少しずつ、私はノートに書き連ねてきた.

そうすることで血を吐くような不安におそわれても、私はなんとかひと筋の坂道を登ってくることができた」by

柳井正ファーストリテイリング会長

 

 

[夢を実現するためのプロセス]というものがあります。

 

夢の明確化 自分の夢は何かを深く考える

計画化   具体化する(紙に書く、声に出して読む、イメージする)

共有化   周りの人たちと熱く語る

行動    代価を払う(お金、時間、体力)

実現    利益を分かち合う

恩を返す  感謝を行動に表す

次につながる 多くの人たちの協力が得られる

上に戻り、さらに素晴らしい目標を達成する

 

 

成功者はどんな世界でも5%と言われ、

 

そのほとんどの人が、自分の目標、夢、ビジョンを「紙に書いて」持ち歩いていると言われます。

 

成功を手にするためには、自分の考え方を「できる思考」にする必要があり、

 

いつでも「できる思考」を維持するには、自分の目に入るところにビジョンを書いておき、意識することが重要なようです。

 

そして声に出して読むこと(アファーメ―ション)とイメージする(ビジュアリゼーション)を繰り返すことで、

 

自分が小さいころからの失敗体験やマイナス体験で、つくられてきた「できない思考」の原因となる

 

【観念】を少しずつ壊していけます。

 

自分の可能性をの発揮を防いでいる「観念」を

 

毎日のプラスの言葉(アファーメ―ション)と

 

ビジョン達成をイメージするわくわく感(ビジュアリゼーション)で壊すことで

 

本当の「自分らしさ」を手に入れ、幸せを手にします。

 

ビジョンを達成するためにも、毎日を幸せに過ごすためにも、成功を手にするためにも、

 

毎日の「プラスのイメージ」と、「プラスの言葉」を使い

 

ワクワクする毎日が幸せにつながります!

 

今日もワクワクする1日を!仕事を愉しみましょう!!

 

 

==============

 

 仲間

 

==============

 

仲間が多いほどアイディアも多くなる。

喜びも楽しみも増えてくる。

 

体験・経験を共有できる仲間を増やそう!

可能思考の仲間を一人でも多く増やそう!

 



 

↑このページのトップヘ