読むと元気になる!仕事のヒント満載!!神戸の美容室 スマイル のオーナー篠原感謝和隆のブログ

神戸の美容室 スマイルの社長blog スタッフへ送り続けているメッセージをまとめています。 美容師さんはもちろん、異業種の方の仕事のヒントになればうれしいです。

タグ:昨日は


 おはようございます!!

 昨日は、サロンワーク&新人さんの初出勤にご指導ありがとうございます!

 2024年から、新紙幣が登場することになりました!

 新紙幣の1万円札の図柄が「渋沢栄一氏」が決定!
 
 あまり知らない人物かも知れませんが、実は、経営者向けの書籍や雑誌にはよく登場する有名な偉人です。

 『論語と算盤』
 

 【商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。by渋沢栄一】

 【できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。by渋沢栄一


 【信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。by 渋沢栄一】



 渋沢氏の著書でもあり、有名な言葉は、「論語とそろばん」

 「論語」とは、人として正しいことを行うこと。道徳や原理原則とも言われます。人としての「あり方」であると思います。

 「算盤(そろばん)」とは、商売の利益を出すこと。経済を発展させることや会社を繁栄させることです。商売の「やり方」であると思います。

 渋沢氏は、論語(健全な考え方)と、そろばん(手法)を両立することが、経済人としての正しい道であると伝えます。

 「論語」だけでは、キレイ事だけの夢想家に終わり、「ソロバン」だけでは利益追求のみの利己的な愚人になると伝えます。

 商売をする上で、人生を生きる上で、大事なことは「バランス」。


 正しい健全な価値観(論語)を持ちながら、仕事においては自分の責任を果たす(そろばん)というバランス感覚を持つことが、善い人生を生きること、成幸するということになると思います。

 【論語と算盤】!

 利己の利益だけに走らず、また利他のキレイ事だけで終わらずに、バランス感覚を持った人生を送りたいですね!!

 会社においては論語は「理念」でソロバンは「利益」です!

 「理念」を追求しながら「利益」を出し続ける組織を創っていきましょう!!

 
【率直にいって私は、経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物の中で、かの偉大な明治を築いた偉大な人物の一人である渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は世界のだれよりも早く、経営の本質は『責任』にほかならないということを見抜いていたのであるby ピーター・ドラッカー

 感謝!!






 本日はSPC兵庫定例会。本部長お疲れ様会をしていただけるそうで感謝です! 






  おはようございます!!

 日々のサロンワーク、ありがとうございます!!

 昨日は、新人さんの職業訓練校で「販売知識」、店販の知識について講義させていただきました。

 その中で、「利他の心」というものが出てきました。

 

『利他の心』

『「あなたの顧客はより幸せで、より良い人生をつかむことを夢見ている。製品を顧客に売ろうとするな。顧客の人生を豊かにすることを目指そう」(Your customers dream of a happier and better life. Don't move products. Enrich lives.)byビルゲイツ』

 「利他の心」とは、自分のことよりも周りの人への思いやりを優先できる心。

 世の中の偉人の方々は、「利他の心」をもって人生を送り、成功や幸せを手に入れたと言われます。

 その逆は「利己の心」自分の「損」になることは一切しないという心です。

 「利己の心」とは、お店にゴミが落ちていても「自分が落としたんではない」と拾わない心。お客様が困っていても「自分の担当のお客様でない」とお声掛けをしない心。

 自分のためになることにしかエネルギーを使わない人を「利己的な人」と言い、一時的な成功は収めても、長続きしない人の特徴です。

 「利己の心の強い」人は、長い時間でどんどん人間力が小さくなり、逆に「利他の心」の強い思いやりのある人は、年月とともに人間力が大きくなり、周りからの「信頼」を得ることができ、長期的に「成功や幸せ」を得ることになります。

 

【強い思い、情熱は成功をもたらします。かし、それが私利私欲から生じたものであれば、 成功は長続きしないでしょう。

 人間にとって何が正しいかということに対して鈍感になり、 自分だけが良ければよいという方向へ突き進み始めるようになると、はじめは成功をもたらしてくれたその情熱が、やがては失敗の原因にもなるのです。 

理想としては、 「私利私欲を捨て、世のため人のために」という形の完全に利他的で純粋な願望を持つことが一番良いことです。 

ところが、人間にとって、 生きるための私利私欲は自己保存のために不可欠なものなのですから、それを完全に捨て去ることは まず不可能です。 

しかし、一方でその利己的な欲望の肥大化を抑制するために、 努力することが必要となってくるのです。 

せめて、働く目的を「自分のため」から「集団のため」へと変えるべきです。 利己から利他へと目的を移すことにより、 願望の純粋さが増すことでしょうby稲森和夫】


 本日も周りの人を幸せにできる「利他の心」を大切に、良い一日を送りましょう!!

 感謝!!



本日は、
元町店サロンワーク

職業訓練校

幹部会議です!!

よろしくお願いします!
 





   


おはようございます!

 昨日はサロンワーク&スパプロジェクトお疲れ様でした!!

 昨日は、中小企業同友会の「経営指針作成セミナー」に参加させていただきました。



『~ひとたび社員に経営方針や理念が浸透すれば、その企業は並々ならぬ力と柔軟性を発揮する ~ 盛田昭夫ソニー創業者の言葉。』

 
昨日の内容は経営方針(3~5か年計画)を作成しよう!という内容でした。

 変化の大きい今の時代であるからこそ、外部の環境分析(機会と脅威)と自社の内部分析(強みと弱み)を組み合わせて今後の会社の方向性を決定することは、とても重要です。

 そして経営方針を作成するときに大切なことは、現場の声であると言います。同友会では以下のように考えています。


『経営方針を検討する際には、どれだけ質の良い情報を持っているかがポイントになりますが、真に有用な情報、すなわち生きた情報は第一線の現場にあります。第一線の現場の社員一人一人が自社の事業の意義(スマイルで言えば、営業理念の、美と健康の提案でお客様の人生を輝かせる)を理解し、顧客の変化を注意深く観察し、それを社内の会議に持ち寄り、討議して練り上げます』


 変化の激しい時代だからこそ、お客様の声を毎日、現場で訊き続けて、現場の声を反映できる方針を作成することが重要です。

 毎日のサロンワークでお客様が真に望んでること「あったらいいな」を聞き出し、それを会議やMTで共有することが重要です!

 そしてお客さんの望む、1歩先のサービスを提供できる企業だけが今後必要とされ生き残ります。

 ぜひお客様の要望、期待をたくさん聞き出し、それを社内で共有し、善い経営方針を作成しましょう!

 それが世の中から「なくてはならない会社」になる為にとても大切なことです。

 今日もお客様との会話からお客様のニーズを引き出しましょうね!!

 感謝

ps
 4月に岡山ビューティーモードさんの、ガイダンスに参加できそうです。
 本日は、SPC兵庫定例会議と夜は今年の職業訓練校の打ち合わせを行います!




おはようございます!!

昨日は、SPC関西の執行部会議に参加!

毎付第3木曜日は11時よりおこなっています!

昨日、会議の中でゾゾタウンの前澤社長の提唱する、楽しく働くためのコツというものをシェアしていただき、どの職種でも通じる原理原則的なものであると感じたのでお伝えさせていただきます!!


『ZOZOの社員が大切にしている「楽しく働く」ためのコツを参考までにツイートします。
1. 好きなことをする

2. つまらないことも楽しむ

3. 妥協しない諦めない

4. 感謝する

5. 最後は自分次第

僕も大切にしています。
今日も楽しんで頑張りましょう!』

とのこと

楽天の三木谷氏は、
「仕事を面白くするのは、仕事の内容そのものより仕事の目的なのだ。どんな仕事であれ、目的を見つけることはできるはずだ。そして、どんな仕事であれ、目的意識さえあれば、それを楽しむことができるのだ」

 やはり何事も「自分が源」、どんなことでも愉しめる人は素晴らしいですよね!

 スマイル理念の『いつも笑顔で人生を愉しみ』を今日も実践して、楽しい一日をじぶんでつくりましょう!!


感謝

本日は、
BNI定例会
新人研修打ち合わせ
元町店サロンワークです!!




おはようございます!!

昨日は、サロンワーク&夜は店長会議お疲れさまでした!!

昨日はSPC兵庫の定例会議でした。

SPCとは、理容美容経営者の集まりで、経営者自身がサロンワークを離れ、美容室を企業化していくことを目標に情報交換や叱咤激励をしていきます。

 毎週水曜日は、基本13:00から17:00まで定例会議、その後懇親会を、自分は26歳から20年間続けています(笑)

 2017年4月より、自分は兵庫県の代表(本部長)をさせていただき、会の発展と各社の増収増益に尽力しています。

 毎週、他の経営者の方の言動を見ることで、自分の反省や気づきを得ることができることは、SPCの強みです。

 いろいろな経営者の良いところや悪いところを見て、真似したり反面教師にできます。

 一貫して言えることは、自分のことだけを考えている人は、魅力がなく、周りに与える精神「利他の心」がある人は、人望を集めます。

 稲森和夫氏(京セラ創業者)は、このように伝えてくれます。

『こうすれば、うちの会社にとってのみ都合がよく、儲かるというようなことがあったとしても、人としていかがなものかと思ったときには、それは決して選ばない。そのくらいの勇気が真の経営者には必要になるのです。

 言い換えれば、目先の利益ではなく、「利他の心を判断基準にする」ということです。私たちの心にはもともと「自分だけがよければいい」と考える利己の心と、「他によかれかし」と考える利他の心があります。利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。

 自分中心ですから視野も狭くなり、間違った判断をしてしまいます。一方、利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、周りの人みんなが協力してくれます。また、視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。ですからよりよい仕事をしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断すべきなのです。』

 人生の成幸の、秘訣の一つは「利他の心」ですね!

 本日は大阪にSPC関西の執行部会議、夜は元町商店街の理事会に参加してきます!!

 感謝




 

おはようございます!!

昨日は、大阪でのSPC関西理美容事業協同組合の定例会議に参加してきました。

理美容オーナーとメーカーさん、ディーラーさんを含めて約200人の大きな集まりです。

2018年は理美容室の倒産が、史上最高に多かったそうで、その逆風の状況は2019年も続くという見通しが大方でした。

ただ僕たちの仕事は、人がすべて!もっと言えば、働く人が「どんな気持ちで働いているか?」がすべてです。

 お客様満足を心から考え、世の中からなくてはならないお店にしようとする気持ちで全員が働くお店は必ず生き残ります。
 これを難しい言葉で言うと「理念経営」といいます。
 ぜひ「健全な働く目的」を全員で共有してなくてはならないお店、会社を共につくりましょう!




★金足農業の強さの秘密は全員野球だった!!Ⅳ★


①高い志を全体が腹に落ちる形で共有した!
②すべてを教えず、選手に考える余地を与えた
③練習をする意味を伝えることに時間を割いた

今日は、『③練習をする意味を伝えることに時間を割いた

金足農業は、今では珍しく送りバンドを多用するチームです。

「送りバンド=自己犠牲」という精神となるので、現在ではあまり流行とは言えませんし、いまどきの若者は「自己犠牲」という言葉を嫌がります。

 ただ金足農業では全員の目的が共通して「甲子園優勝」であり、「チームが勝つこと」であるので、自分が目立とうが、自己犠牲しようが、大きな問題ではありません。

 全員がチームの勝利のために、送りバンドの練習に多くの時間を費やすと言います。そんなチームがい現代は少ないのでそれが、「強み」になるそうです。

 送りバンド練習は、地味で楽しくない練習ですが、「日本一」という目的の共有が「やらされ感」をなくし、全員が納得して、主体的に行うと言います。

 全員が「やらされ感」のない、全員が主役の野球!「全員主役野球」

 スマイルも全員が主人公意識の「全員主役経営」を目指したいですね!
 そのためには自分の意見をドンドン風土をつくっていきたいと思います!!


本日は
経営研究会1月例会
「経営白熱教室」に参加してきます。
異業種の方のいろいろな考え方を吸収して自分の考えを整理し、またスマイルに活用できるように努力します! 






おはようございます!!

 昨日は、朝一に13の徳目朝礼を実践して活性化されている「風見鶏本舗」という北野のお土産屋さんの朝礼を見学。コーチング型朝礼を地道に毎日繰り返すことで、働く目的が明確になり、全員の方向性が一致する素晴らしい事例を見させていただきました。
 
 風見鶏本舗の皆さんは、自分たちは「お土産を売っている」のではなく、旅行に来た人の素敵な思い出の一部を売っているのだという考え方が統一されています。
 1回来た人の再来な重要な美容業と違い、1度しか来ない観光客相手が多いにも関わらず、お客様満足を全員で追及しています。まさに、働く目的が自分だけのためではなく、利他の精神であり、理念が浸透している素晴らしい、目指すべき社風でした。
 ぜひ興味のある方は一緒に見学に行きましょう!!

 


★金足農業の強さの秘密は全員野球だった!!Ⅲ★

①高い志を全体が腹に落ちる形で共有した!
②すべてを教えず、選手に考える余地を与えた
③練習をする意味を伝えることに時間を割いた


今日は②について


②すべてを教えず、選手に考える余地を与えた

質問です!「練習は何のためにするのか??」




金足農業の中泉監督は、練習とは技術を身につけるためにするのではないと言います。

技術は,手取り足取り教えた方が覚えるのも早く、すぐに戦力になります。しかし技術には終わりがなく、一つの壁を超えたら、すぐに次の壁がやってきます。
 そして壁を乗り越える方法を手取り足取り教えていたら、その選手は自分で乗り越える能力が育ってこないと言います。
だから金足農業では、教えられることになれた人材を育てずに、全部を教えず、自分で考えさせて自分で壁を乗り越える術を身につけさせます。
 練習で現れる自分の壁を、自分で考え乗り越えるための練習!どんな壁にもへこたれずに、どうにかしてクリアをしていく心をつくるために練習をするのだと言います。教えられている人はこの力が身につかないと言います。
 その場で全部教えた方が楽であるが、あえてそこは自主性を伸ばすために、教えることを我慢すると言います。

 あえて相手の成長のために教え過ぎない、与えすぎないという愛情があるのですね!
 


 本日は、大阪でSPC関西、2019年第1回の定例会です。たくさんのオーナーさんやディーラーメーカーさんとお会いするので、色々な情報を得てきます!!


感謝






↑このページのトップヘ