平成28年10月20日(木曜日)

 

おはようございます!!

 

≪企業ですから、利潤を上げることはもちろん重要です。しかしそれは経営の目的ではなく、あくまでも「結果」です。by青木仁志の名言|利潤は経営の目的ではなく、あくまでも結果≫

 

良い会社をつくるためには、理念が大切であると言われます。

 

理念とは、その会社の存在理由であり、会社がどうやって世のため人のために存在するのかの大義名分とも言えます。

 

個人としても、良い人生を送るには自分の存在理由(どうやってに周りのお役に立つか)を明確に持つことが大切になります。

 

会社も個人も利益を得ることは目的ではなく、理想を実現するための手段が利益であることを知ることが、「良い会社」「良い人生」の基本でもあります。

 

 

≪理念もビジョンもなく、ただ利益だけを目標にしていく経営というのは、人を人として大切にしていません。たとえば、私の名前は青木仁志ですが、利益だけを考えて目標値を上げていくと「青木仁志」ではなくて「一番機」として見てしまうのです。一番機が故障したら、別の機械に入れ替えればいい。しかしそういう発想で人がついてくるでしょうか。一番機としてではなく、青木仁志という一人の血の通った人間として働けると、生きがいを感じる。成果が自己実現に結びつき、仕事をすることが幸福感に結びついていく。by青木仁志の名言|従業員を一人の血の通った人間として扱うことが大切≫

 

 

世の中の役に立ち、社員さん全員を幸せにし、永続する会社をつくるには、「理念経営」をしなくてはならないと言われます。

 

「理念経営」とは、理念を実現するために組織として一貫性のある活動をすることであり、理念の「理」と利益の「利」の統合を目指す企業活動であると言われます。

 

「理念、真理、理想」の理と、「利益、利潤、営利」の利、二つの「り」を同一化し、融合する戦略的な経営を目指すこと、真の目的を目指すために「利」という方法があることを理解することが大切です。

 

スマイルにおいては

    スマイル理念☆笑顔と 想いと思いやり☆
スマイル営業理念☆美と健康の提案でお客様の人生を輝かせる☆

    経営ビジョン「神戸一働きたいサロンづくり」

    経営目標「スタッフ100人」

    経営計画

    日々の実践

 

を一貫性をもって、行うことが大切です!

 

ぜひ「理念経営」を実現し、すべての働く人が、物心ともに充実できる良い会社を全員で創りましょう!

 

 

==============

 

 直面する

 

==============

 

私たちはときどき、

壁に直面することがあります。

 

その壁が高ければ高いほど、

逃げたくなるかもしれません。

 

しかし壁を乗り越なければ

その先にあるチャンスを

見ることはできません。